ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

カテゴリ:未分類( 115 )

新たに指定種が増えますね。
これからまだまだ増える見通しですが、自分の好きな種である
(まだ持ってない)タカネキマダラセセリも追加されます。
南アルプス亜種だそうです。

指定されて保全されれば良いんですが、海外と違ってデータ取りから
徹底的にやるようなものではなく指定だけして特になにもしないんですから
意識の低さを感じざるを得ませんな。

法律と言うバリアができた!とブログ等で安堵発言しているような人は
完璧に思考停止してて残念ですね。
ありがとうと言えばリンゴは甘くなり、罵倒すればリンゴは早く腐る。
そんなことに一喜一憂している人みたいだぜ。

あと譲渡禁止はほんとクソですよね。
それこそ貴重な財産(国にとっても)を未来へ引き継がせないような縛りですから。
博物館なんかに提供すればいいじゃないかという意見が出そうですが
量の問題もあるけどはっきり言って保存体制が適切なところは多くないです。
個人のほうが圧倒的に神経質に保存していますよ。
どこどこで展示していた、保管されていたという標本を頂いたことが何度かあるけど
虫食い、翅や腹の脱落、著しい色褪せなどひどいものが凄く多いんですよね。

未来の財産を奪うような政策は国を衰退させます!


さてミドリヒョウモン♀です。
a0235150_08541401.jpg
暗化傾向のある個体なんですけど明るい自然光で撮るとただのミドリヒョウモンですね(*_*)
ここ数年思うのがヒョウモン類をほんと見ないということ。
コヒョウモンモドキとかナミヒョウモンではなく普通のやつも。
自分の出向いた先だけの感じですけどオオウラギンスジですら少ない、というか1頭も
見ないときもあるぐらい。ヒョウモンを取り巻く環境にやばい事態が起きてるんでしょうか。




[PR]
by aisutorium | 2018-02-03 09:01 | Comments(2)
昨年、知人様より頂いた北海道産オオイチモンジを展翅板から外し標本箱へ。
オオイチモンジと言えば♀が人気の的となっていますが完品の♂もなかなか
それっぽいオーラを放ってます!
a0235150_21495724.jpg
完品だと角度によってブルーっぽい輝きがありこれがまた良い感じ。
黒化型、いつか採ってみたいなぁ。
と言うかオオイチモンジ自体、標本以外見たことないのでね。
まずは野外で出会ってそのなんたるかを体感してみたいのです。
偏屈な自分としては本州産を、、なんて。
a0235150_21540389.jpg
標本箱には沢山のオオイチモンジ。蝶友様達はなんだかんだ毎年北海道へ行ってるので
そのお土産パワーの恩恵の賜物なのです(^^)
今年も期待してますよ~。ってそろそろ自分でネットインせねば!


[PR]
by aisutorium | 2018-01-10 21:58 | Comments(0)
お正月の3日間は今年の目標とかこれからのこととか面倒くさいこととか
全て一旦忘れオールフリーで過ごしてみました。
寝たい時に寝てお腹が空けば間食しネットしてコーヒー飲んで夕日を見送ったら
お風呂でリラックス。意図的に思考停止して本能の赴くままに過ごしてみるのも
良いものですよ~。

それでも不意にスポーツ観戦のお誘いを頂いたので寒風の中お出かけしてきました。
スポーツ観戦ってテレビで十分じゃん!ってのが今までの自分だったんですけど
昨年、子供の時以来のスタジアム観戦をし生観戦の魅力に目覚めてしまいました。
前回はサッカー、そして今回はアメフト観戦でございます。
ルールも良くわからないままの観戦でしたがやはりテレビじゃ感じれない臨場感は
たまらないです。
a0235150_17332617.jpg
さて睡眠と睡眠の間の夢うつつの中で今年は何が採りたいのかちょっとだけ妄想。
ギフチョウは産地云々よりもイエローテール狙いかな。その後はゼフとキマルリ。
アサマ、オオゴマ、オオルリにほんろうされた後はムモンアカと高山蝶で〆。
その他はお仲間様と相談。そんな流れかと。

最近ウエイトが大きくなってきた飼育は…。ギフチョウは産地を厳選して粛々と累代。
オオウラギンやチョウアカは今年で満足してしまうかもなぁ。
オオムラサキは今年上手く行ったら次シーズンは産地にこだわってもう1度やりたいかも。
あとはクモツキやベニモンカラスの飼育経験を積んで累代へといったところ。
a0235150_17543361.jpg
飼育って1♀いれば希少な蝶だろうが大量に成虫を生み出すことができるのが
魅力ですよね。それも傷一つないピカピカの個体。種類によっては経験や腕が
必要になってきますが、それを確立するのもまた燃えるわけです(^^)



[PR]
by aisutorium | 2018-01-04 17:59 | Comments(0)
明けましておめでとうございます。今年も当ブログを宜しくお願いします★

大晦日まで休みなく働いていましたが、年が変わりお正月はゆっくり過ごして
緊張の糸がプツッと切れ3日目にしてグータラダメ人間化しております。。
立派な人間になるには長い月日を消費するのに腐るのは一瞬ですな(笑)

さて昨年は有難いことに仕事が忙しく、また天候や日程が合わず満足に採集へ
出られませんでした。春のギフチョウ探索のあとにようやく出掛けたのが
富士山麓のムモンアカですからその間がスッポリ抜けてるんですよねぇ。
やはり物足りなさが残った1年でした。

それでもギフチョウに関してはイエローテールの当たり年で(自分は未採集…)今年への
期待が高まります!そんな産地のものを累代飼育しているので来月から羽化させる個体が
これまた楽しみ(^^)
色々いじった蛹は羽化せずに年越しとなりましたが…
a0235150_10463441.jpg
さて2018年はもう少し探索へ出たい願望もありますが仕事も楽しく婚活も外せない♪ってな
感じでどんな年になるかは未知数ですねぇ。
今まで以上に自分の気持ちの赴くままに自由に生きてみようと思います。
個人的には年齢に応じて通るべき関所は通るのが義務だと思っているので、そのために
捨てるべきは捨て、伸ばすべきは伸ばすの1年(というか今後もずっと)にします。
今まで生きてきてほとんどオートメーション化している習慣とか染み付いた考え方なんかに
寄りかからずに常時アップデートするようなイメージですねぇ。

なんの話か分からなくなってきましたが、アカボシゴマダラの取り扱いは今後どうなるんだろう。
特定外来生物への指定云々は!?指定されたら飼育や譲渡はご法度みたいだけど。
a0235150_11161299.jpg
まぁ今更感がハンパないけども。法律の縛りができても現場は何も変わらないのが
辛い分野であります。。

と言うことで少しづつ飼育ギフの羽化準備でもしましょうかね!


[PR]
by aisutorium | 2018-01-03 11:26 | Comments(2)

お久しぶりです(^^)
相変わらず採集には出ておらず、やや退屈な日々です。
飼育したい蝶を見据えて食草の確保なんかは地道にやっています!

さて目新しい話題もないのでこの夏に採集した蝶でも載せてみましょう。

モンキチョウ♀(山梨県)

a0235150_08505483.jpg

飛翔時にとっても大きく見えた個体。ド普通種でも特大、矮小、ド完品だったりすると
キープしています。黄色型♀やクツカケなど、モンキチョウはコアなファンがいる蝶ですよね。
自分も探索時にはネットインして確認してしまう種です。

ヤマキチョウ♀(山梨県)

a0235150_08560693.jpg

ムモンアカ探索時の副産物。♂は振り逃がしました…。年によって発生数に変動が大きい
本種ですが今年は順調な発生数だったのではないかと。年に2~3頭ずつ集めて10年ほど。
今でも出会うと確保してしまう好きな種(^^)最近は年に1ペア目標ですが今年は2♀でした。


ヒメシロチョウ♂(山梨県)
a0235150_09023827.jpg
ヒメシロチョウ♀(山梨県)
a0235150_09024786.jpg

これまた好きな蝶で毎年地道に集めてきました。♀の方が好み。山梨県では4産地の個体を
持っているんですが、北部の産地だけ大型の♀が採れる場所があってそこのが1番好きですねぇ。
春型との遭遇はまだないので狙いたいところ!

ムモンアカシジミ♂(山梨県)

a0235150_09095968.jpg
最近もっともハマっている蝶(^^)草原を舞うムモンアカ、良いと思います☆
発生木が毎年安定しないのが難しいですね。毎年発生木探しがかかせません!
昨年は少ない印象でしたが、今年は沢山飛んでました。
ムモンアカって意外と尾状突起が短いんですねぇ。

クロシジミ♀(山梨県)
a0235150_09225749.jpg
クロシジミはかつてハマって毎年通っていた蝶。今年発見したポイントではご覧のとおり
前翅に白の3本ラインが入っております。今まで山梨~静岡の個体を沢山見てきましたが
ほとんど真っ黒で♀に白い紋や青がのる個体は50~100頭に1頭ぐらいという実感です。
しかしこのポイントでは全ての個体(3♀)にこの白紋が出現していたんです。

裏を見てもらえば違いは歴然。
a0235150_09230858.jpg

左が今年発見のポイント。右は過去に採集した別ポイントの個体。
山梨では翅裏の変化が大きく茶色、ベージュ、白など個体変異は大きいです。
しかし白化タイプって白い部分と茶色い部分のメリハリが強いって感じで全体に白い個体は
見たことがなかったんですよねぇ。と言うことでクロシジミブーム再燃です(^^)
来年は良い時期に調査したいと思います!!


[PR]
by aisutorium | 2017-09-11 09:45 | Comments(0)
今回はオレンジ以外の収穫について。
オレンジの新ポイント発掘中にヤマキチョウ♀が現れました!
好んで吸密するような花は少なめの場所でしたがしばらく待機してみると3頭出現。
やはりこの蝶は目撃した周辺で待ってみるのが良いですね。

数を増してきたヒメシロと遊びながら丘の上の高木をたたいてみようと
よじ登った先の小さな樹木になにかいる。スミナガシ!
昨年初めて目撃し1頭採集していますが確実に生息しているようです。
a0235150_20252549.jpg
さて、この状況を皆さんはどう処理するだろうか…。
網を2つ持っていれば両サイドから挟み撃ちで決着をつけるところですが
この時は長竿1本。周辺は小枝やススキがあり振りぬけない。
自分は左に網を据え右から突っついて見事ネットイン作戦をやってみましたが
案の定失敗しました…(笑)
樹液に夢中だったので手でつまむのが1番確実だったのかな。でも逃げられるより
スレるのが嫌だったのです!

さらに場所を変えようと歩いているとどうでもいいような草地に黒いシジミが。
ゴマかと思ったんですが裏面が白いのでクロシジミ?とネットインするとやはり
クロシジミ!先週とは別のポイントです。
1♂3♀をネットイン。時期終盤なのでスレてはいますが♀の翅裏の白みが強い!
山梨では基本的にベージュとか茶色っぽいのがほとんどで白っぽい個体は珍しいんですが
このポイントではなんと全て白みが強い個体でした(^^)
a0235150_20344632.jpg
ここで期待したのは白化個体は翅表にわずかに青紋や白紋が現れる個体がいること!
もしやと確認するとわずかに白紋が出現しておりました。
a0235150_20395332.jpg
a0235150_20400264.jpg

しかも3♀全てこのタイプ!
来年は良い時期に来て調査しなければ。もっと白化してはっきりと紋が現れる個体も
採れそうではないか♪つけ根に出る青紋タイプも可能性高いかも?

う~ん、この地は奥が深い。キベリやコムラサキ、ダイセンも生息しているしあなどれません!




[PR]
by aisutorium | 2017-08-08 20:49 | Comments(2)
この日のために長竿を新調いたしました(^^)
PROXの7.9mです。これまでは他メーカーの5.9mや6.3mを
使用していまいたが「あと1m足りない!」なんて場面が何度もあり
悔しい思いをしてきたのでこの長さにしました。
8.9mもお借りして使用したことがあるんですが重量が気になったのでやめ!
カーボン55%とかなのでしなりは出てしまいますが今までのより
コントロール性は良い感じです♪

さて朝はゆっくり出発して10時前に到着。まずは大きな木のあるオレンジポイントへ
行くとなんと先客様が…。この場所では人に会ったことがなかったんですがねぇ。
殿方が頑張ってる同じ場所でやるわけにはいかないので先週見つけた発生木へ(見つけといて良かった)
それにしても殿方の使用していた長竿、あの場所じゃあと2m欲しかったのでは(笑)
a0235150_19161224.jpg
だんだん日差しがきつくなる中、バシバシやると先週同様に結構飛び出してきます。
30分で××頭採れたので新規ポイント開拓をすることにしました!
同じような環境を意識しつつ近場を探しますが全く飛び出しません。。
いるとこにはいるけどそう簡単な蝶じゃないってことを再認識!

昼近くになるとオレンジの飛翔タイムに突入するのでバシバシはほどほどにして
ルッキングで探します。最初の場所に戻り見て回ると2個舞い、3個舞いが!
凄いじゃん!
日陰のない草原で暑さにやられたのもあり、少し頑張って採集はほどほどにしてオレンジの観察を。
すると交尾個体が!
a0235150_19453178.jpg
撮影しているとすぐ脇にこんなものが…
a0235150_19512938.jpg
ヤベー!!この交尾個体が目に入らなかったらバシバシやってたところだぜ。。
葉に半分隠れてますがスズメさんがせっせと仕事中です。このサイズでも刺激すると
20頭ぐらいは飛び出してくるでしょう。危ない危ない。

14時を過ぎると飛翔個体が極端に減ってきました。じっと観察していたのでその理由は明確。
飛翔時間を迎え、次々とカップル成立で交尾の時間帯だったんですね(^^)
個体数が多いのもあってなんと5ペアのカップルを確認!
来年も期待できそう!1ペアだけ拝借して帰路につきました。

オレンジ以外も収獲ありでした。それは後篇で!



[PR]
by aisutorium | 2017-08-07 20:09 | Comments(0)
お久しぶりです(^^)
忘れないでください(笑)
1ヶ月間お休みがなく採集どころか展翅中のギフチョウもほったらかし状態。
7月末になりようやくお休みが取れだしたので満を持しての北富士です!
a0235150_20301833.jpg
もちろんメインはムモンアカ!昨年はとっても良い発生木を発見し楽しい時間を
過ごせたので、今年もとりあえずその場所へ。が、なんだか様子がオカシイ。。
なんと数本ある発生木が全て半分ほど枯れているではないかー(ToT)!!
とりあえずバシバシやってみるも1頭も飛び出しません。
あぁ、1年だけのパラダイスだったか。

気を取り直して次のポイントへ。ここではキマダラモドキを探すも全くいない。
あれだけいた北富士のキマモっていなくなっちゃったの?
ここでは羽化直のゴマシジミ(採集禁止)を1頭確認。
今年は昨年より少し発生が遅いようです。

さらに場所を変え比較的広範囲にムモンアカが発生している場所へ。天候は悪かったものの
バシバシやると結構飛び出します!高木のためネットインできるのは目撃数の3割程度ですが
どれもビカビカの個体!この場所は3年目ですが今までで1番個体数が多かったです。
新たな発生木も発見しましたが、ここも立ち枯れが目立ち来年以降とっても心配。。
a0235150_20334370.jpg
他にはアカシジミやミズイロオナガが結構飛び出すので数頭お持ち帰りし鉢植えのコナラで
採卵を試みてみました。今朝チラッと見てみたところアカシジミが若い枝に数卵産んでいる
ようでしたが後日しっかりと確認してみます。
ゼフの飼育はチョウアカぐらいしか経験がないので手探りですが、ミズイロオナガの低温処理なんか
面白そうだしなんとか育てたいところ!
a0235150_20392105.jpg
まぁそんな感じでギフチョウ以来の採集となりましたが目標は達成できました!
が、不完全燃焼なのでまたトライします。ムモンアカ新ポイント探索!


[PR]
by aisutorium | 2017-08-02 20:49 | Comments(2)
最後に更新したのはずいぶん前だなぁ。。
その間、どこかへ良い蝶でも探しに行ってたんだろうと思われて
いたようですが1度もお山へ行けておりません…。
そう、ギフチョウ以来なにも…(T_T)
ネットを振る感覚すら忘れかけてマスヨ。

ズバリ、お仕事忙しいのです!!

そんな日々の中、、、
自宅でムラサキシジミを採集しました。
ホシミスジをちょくちょく見かけます。
板橋区の住宅街でチョウトンボを見かけました。

飼育の方は、、、
愛媛県産のオオムラサキがようやく蛹になりました(最近個人的にオオムラサキブーム(^^))
オオウラギンヒョウモンの♀が羽化しました。
a0235150_20392159.jpg
a0235150_20393287.jpg
♀が羽化するであろう蛹がもう1つあったんですがネット内なのにアリがたかって終了。。
その前はクモに幼虫食われるし袋掛けしてても油断できませんね。

しかし、オオウラギンヒョウモンしかり人気種ってときどき1度に大量に「採れたて」なんつって
売りに出されますよね。あれすごい嫌い。せめて飼育モノにしなよ。売るために乱獲しやがって!
って思いました。



[PR]
by aisutorium | 2017-07-05 21:00 | Comments(0)
忙しいです。山へ行ってません。チョウアカの母蝶採集もウラクロもウラキンも
お預けな状態です。。
飼育モノはほとんどほったらかしですが順調に羽化していますよ!
今年の目玉であったオオムラサキも順調です。が、ブルーなのがほとんど出なーい(+_+)
知人にもお分けする予定でしたが、ノーマルばかり羽化するんですケドー
こりゃやられましたな…。まぁ飼育のイロハが分かったし良しとしますか。
しかし綺麗ですね☆
a0235150_12440634.jpg
a0235150_12435632.jpg

ノーマル個体でもブルーの遺伝子は持っているだろうとハンぺを目論んでいたんですが
♂が2日目に昇天してしまったのであえなく終了です~

今後は新潟で目を付けている場所でのキマルリ探索やゼフ全般をやりたいんですがね、行けるかな。。
オオムラサキの母蝶採集からの飼育もしてみたいし。あ、そうだアサマも行きたいんだ。
なんとか隙を見つけて突撃ですな!



[PR]
by aisutorium | 2017-06-11 12:53 | Comments(2)

by BUTTERFLY BRINGS☆