ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

カテゴリ:ギフチョウ飼育( 17 )

いや~暖かいですね。そろそろ自宅周辺でもモンシロチョウが飛び出す陽気になってきました。
新成虫の出現もいよいよ本格的になってきそうです!

さて絶賛累代中のギフですが富士川ギフの産卵ピークです。現在3♀が産卵中ですが
80卵ぐらい産んでくれています!もう少し産卵数は伸びそうなので明日も頑張ってもらいましょう。
もちろん自分で飼育できる数ではないので蝶友様とシェアですね。
以前パンダカンアオイを購入してみたんですがそれにも沢山産んでくれました。
a0235150_15252476.jpg

他には新潟県六日町のギフも羽化。現地で採集したようなナチュラルな個体です。
やはり赤が上がっているギフはいいですね(^^)
a0235150_15284519.jpg

[PR]
by aisutorium | 2017-03-19 15:30 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
2日間ほど冬に逆戻りしたような寒い日が続いていましたが、今日は良い天気。
朝に母蝶をセットして午後に様子を見に行くと…
a0235150_20383142.jpg

ガッツリ産んでますがな!しかも花に(^^)
これは10日に記事に載せた長野県栄村の個体です。交尾をして4日目にしてようやく
産卵してくれました。途中弱ってしまったんですが餌をしっかりと与えて、この寒い2日間
じっとしていたからか体力が回復しなんとか産卵してくれました。
母蝶はきれいなので展翅しようと思います!

さらに湯沢町の高標高産地のほうもハンぺ成功で本日産卵してくれました。
ただかなり小型の母蝶だったので産んだのは数卵のみ。やはり♂もそうですが
大型で元気な個体を使用するほうが圧倒的に良いです。

さて全く♀が羽化せず累代ストップの危機だった富士川のギフですが残りの3蛹は
全て♀が羽化いたしました!良かった~(^^)
a0235150_21374642.jpg

早速1ペア確保。♂は6頭ほど待機しているんですがどうもやる気がないようです。。
少しだけハンぺに時間がかかりました。累代飼育されてきた個体なのでそこらへんの
弊害が出始めている!?のかもしれませんね。明日も朝にハンぺしてみます!
[PR]
by aisutorium | 2017-03-16 21:46 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
本日は富士川のギフ6頭と湯沢町のギフ3頭が羽化しました。富士川のほうは
累代へ向けて♀待ちなわけですが、なんと今回もオール♂!!なんでー(*_*)
20以上の蛹があって全て♂。。今まで♂が1頭とか♀が1頭とかかなり偏りがある
パターンは経験していて、飼育環境によってそうなってしまうのはある程度仕方ない
ことでもありますがさすがにゼロはなぁ。。
残りの蛹は3つ。すべては明日にかかっている…。たぶん♀、きっと♀。じゃなきゃ終了~
♂は6頭程待機してるんですけどね(笑)

湯沢町の方はあっさりペアが揃いました。良きところでハンぺ予定ですがちょっと個体が
小さいので上手くいくか不安です。この産地はイエローテール狙いなので来年へのバトンを
つなぎたいんですがねぇ。

さて明日にでも新たに2産地ほど取り込む予定です。イエローバンドやヒメギフは週末頃に
取り込みましょうかね。

さぁ明日どうなるか。
a0235150_22234898.jpg

[PR]
by aisutorium | 2017-03-13 22:27 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
今週後半から晴天で暖かい日が続くようですね。この調子だといよいよ次の週末には
静岡県で、その翌週には神奈川県でギフチョウが飛びそうな予感です。
新潟低地ではまだ雪マークが付いてたりして寒そうなので4月に入ってからの出動かなぁ。

さて本日も富士川流域のギフチョウが羽化してきました。2月にいくつか取り込んだときは
ほとんど♀だったんですが、今回は今のところ全て♂…。これだけ♂ばかりだと少々焦りますが
累代に向けて3ペアーぐらいは確保したいので残りの蛹が♀であることを祈るばかり。
大丈夫かなぁ…。

そして数日前に取り込んだ湯沢町のギフチョウがもう羽化してきました。やはりこの気温でも
羽化の準備が進んでいるようです。前回産卵させた産地より高標高の産地の個体群です。
体をブルブルさせて体温を上昇させている図。こちらも累代予定。
a0235150_19304651.jpg

さらに前回の記事で紹介した栄村の♀ですがハンドペアリングが成功したので前回と同じ方法で
採卵を試みたんですが今のところ産んでくれません。まだ成熟してないのかも!?しれないので
明日に期待しましょう。ただ少し弱ってしまっているので今回はダメかもなぁ。
a0235150_19381830.jpg

さて最後に新潟県魚沼市の飼育個体。2月早々に羽化してきたもので本日標本箱へ。
非常にカッコイイ!黄色が太くて明るいギフですね。尾状突起は控えめですがブルー紋の輝きが
非常に強いです(^^)
a0235150_1941661.jpg

[PR]
by aisutorium | 2017-03-12 19:45 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
先日、第三弾として富士川流域のギフチョウ蛹を取り込んだんですが一週間も
経たずに羽化し始めました。屋外でも暖かい日があるので羽化の準備が進んでいるようです。
まだまだ沢山ある蛹を3月中にさばけるか心配…(^^)

富士川流域のギフチョウ。野外品に近い個体が羽化してきました!
a0235150_1914655.jpg

さらに長野県栄村の蛹も羽化。かなり奥地の産地のものです。
この個体は黄色が太くてかなり明るい印象!後翅オレンジ紋もデカく、ちょい赤あがり。
富士川の個体とは対照的ですね。
a0235150_1941888.jpg

赤上がりの部分がオレンジっぽく見えるので拡大してみると。
a0235150_195110.jpg

a0235150_1951241.jpg

半分ぐらいオレンジの鱗粉が混じっております。赤紋が半分オレンジの個体は
たまにいますが、それより上にオレンジが混じるのは初めて見ました。
展翅しても良いんですけど、ちょうどオスが先に羽化しているので…、累代しますか(^^)
オレンジ上がりとか出たりして!?
[PR]
by aisutorium | 2017-03-10 19:13 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
先日ハンドペアリングした湯沢町のギフチョウ。最初は庭植えのカンアオイの古葉を摘んできて
とまらせたりケースに入れてみたりしたものの産卵しないので、庭植えのカンアオイに直接プラケースを
かぶせてそこに母蝶を入れてみました。
日もよく当たる場所なのでケース内は温かくなり活発に動いていたのでいけるかな?と期待して
翌日確認するとバッチリ産んでくれてました!しかも3卵塊も(^^)
まだまだ産みそうですが他の産地もあるし後が大変になりそうなのでストップしました。
a0235150_10253929.jpg

表にも卵塊が!
a0235150_102614.jpg

とりあえず今年の課題だった累代飼育が一歩前進しました。
この他に累代飼育したい産地が7~8産地もあって手におえるか心配ですがやれるとこまで
やってみようと思います!自分のまわりにもギフチョウの飼育をしている方が数名いるので
順調に産んでくれたらシェアですね。
[PR]
by aisutorium | 2017-03-05 10:39 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
昨日の成功に気を良くして本日もハンぺにトライです!
♂は2頭いましたが1頭がすぐに★になってしまったので昨日の個体に頑張ってもらいました(^^)
♀は昨日新たに羽化してきた個体を使用。今回も開始1分以内で交尾成立!
やはり♂のやる気に全てがかかっている気がします。大型で元気の良い個体がベストですねぇ。
↓交尾成立後、歩き回るメスに引きずり回される♂…。
a0235150_222789.jpg

昨日の交尾済♀をカンアオイの古葉にとまらせみましたが産卵せず。産卵前に前足で葉を
カリカリする(食草を確認している?)行動は見られたんですがね。。
野外でも豪雪地帯なんかでは新芽がなく古葉に産卵する産地もあるので産まないことはないと
思うんですけど、やはり新芽が産みやすいのかな。とりあえずもう少し試行錯誤してみます。

待機中の蛹は良い産地が多いのでプランターのウスバサイシンが芽吹くまで待とうかなと思います。
だいたい3月20日頃には葉が展開してくるのでその頃ですかねぇ。

さて今日羽化した個体が自分好みでした。どこの産地でしょう?
a0235150_22135515.jpg

全体に黒帯が太く黒い印象。さらに後翅の青紋、オレンジ紋が小さくより黒さを際立たせています。
控えめなCカットと赤上がりが良い感じ。ちょっと飼育モノっぽいけど自分好みです。
なんとなく飯田市周辺の雰囲気に似てないでもない。でもこれ長野県栄村の個体です。
昨年探索してヒットした産地で卵も結構見つかったので飼育してみたんですがカッコイイ!
野外品も♀は野太い個体なんですが黒くはないんだよなぁ。こんな個体が出たら普通は黒っぽい
♂を選んで累代よろしくなんでしょうが、蛹の半分ぐらいあげちゃったんですよね。。
残りの蛹もたぶん♀っぽいし。チキショ!
[PR]
by aisutorium | 2017-03-02 22:34 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
3月になりました!
ギフチョウの発生まであと少しですねぇ。今年はどんな発生状況になるんでしょうか!?
自分の予想としては雪のある地域ではいたって平年通りの発生時期ではないかと。
発生数に関しては昨年も産地によってバラツキがあったので一概に言えないところですが
しっかりと積雪もあるし期待も込めて昨年よりは多いと予想してみましょう!

さて飼育ギフの羽化、第2陣が出ています。こちらは湯沢町のギフチョウ。
a0235150_9552780.jpg

今年は湯沢町は2産地飼育していますが好きな産地なので累代飼育を目論んでおります。
もちろんイエローテールの出現も期待して!
ということで今朝ハンドペアリングにチャレンジしてみました。羽化後3日目の♂と2日目の♀を使用。
どうなることかと思いましたがなんと1分かからずにくっ付いてくれました(^^)
昨年はそうとう苦労したわけですが、いきなりギフ×ヒメギフでやったので無理もないですね…。
a0235150_1031476.jpg

交尾時間は40分ぐらい。産卵し孵化するまでは成功したとは言えないですが一歩前進!
交尾後はスフラギスを作成して♀の交尾器にフタをします。10分ぐらいかけてモゾモゾしてました。
a0235150_1053643.jpg

問題はこの時期に産卵させて食草をどうするのか…ですね(*_*) 一応、庭植えのカンアオイの古葉は
あるのでそれで試して芽吹きの早いプランター栽培のウスバサイシンの芽吹きを待つってな感じで
いこうと思っていますが。
a0235150_10144468.jpg

と言うことで今年は貴重な産地のギフもあるので淡々と累代飼育にチャレンジしていきます。
特異な遺伝型モノも累代飼育したいところですが入手が難しいのがネックですねぇ。
[PR]
by aisutorium | 2017-03-01 10:23 | ギフチョウ飼育 | Comments(2)
第一弾として室内に取り込んだギフチョウの蛹はほとんどが羽化しました。
取り込んだのはまだ数頭ですが羽化不全なども皆無で今年もいたって順調な飼育となりました。
羽化させることは何の問題もないんですが、今の課題はいかに野外品の個体に近づけるかです!
ギフやヒメギフは飼育するとどうしても「飼育顔」になってしまうんですよねぇ。その地域特有の
斑紋をそのまま100%飼育で再現するのは結構難しいんです…。

先日羽化した山梨県富士川流域のギフチョウですが特徴は出ているものの現地の野外品を
知っているだけにやはり飼育テイストが混じっているのも分かるんです。しかし幼虫期に若干手を
加えた成果か分かりませんが、色に関しては不自然な個体は出ていません。飼育色でよくあるのが
特に♀で前翅の黄色がやけに濃い個体。まだデータ不足ですが今後羽化してくるものを注意深く
見る必要がありそうです。
a0235150_938506.jpg

以前飼育にたけている方の飼育品を見たときはばっちり野外品と変わらぬクオリティでびっくりしました。
そういう個体を羽化させることも可能という証拠ですよねぇ。と言うことで昨年も幼虫飼育時に野外の
成育下に近づけるべく色々試したのでどんな個体が出るか楽しみ半分、不安半分。毎年トライ&エラーで
ちょっとづつ進歩したいものです。第二弾も取り込んだので期待しましょう!
[PR]
by aisutorium | 2017-02-19 09:48 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
例年よりもちょっと早いと思いつつ1月末に室内へ取り込んだ新潟県産のギフチョウが
羽化いたしました!!2週間かかってようやく。他の産地も少しづつ取り込んでいるので
だんだんと賑やかになって行くことでしょう(^^)
今回羽化したのは♀でした。新潟らしい明るい個体!
a0235150_16462371.jpg

a0235150_16464033.jpg

なかなか良い感じのサイズなんですがちょっと飼育モノって感じの個体に。。
まぁこの産地は飼育過程であれこれ試したものではないので今後に期待!
飼育の良いところは春を先取りできるところですかねぇ。
[PR]
by aisutorium | 2017-02-06 16:53 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆