ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

カテゴリ:ヒメギフチョウ飼育( 7 )

早くもギフ、ヒメギフの飼育に手を出して4年目となりました(^^)
今年もすでにギフチョウ5産地、ヒメギフチョウ1産地の飼育を開始しております。
先日お持ち帰りした長野県産のヒメギフチョウから採卵してみました。昨年までとは別の産地です。
a0235150_10172950.jpg

自分は欲張りなので採卵はしたいけど展翅もしたい!という場合が結構ありボロくなってしまう
袋掛けはあまりせず葉にとまらせてその場で採卵しています。少しコツはいりますが。

飼育はだいぶ要領も分かってきて羽化率も95パーセントぐらいで問題なし。毎年新しい発見があったり
疑問が生まれたりと奥の深さも感じています。
ヒメギフをちゃんと採集したのは結構最近の話なんですが、発生初期を逃すとすぐにスレてしまう
というか、ギフより良い鮮度の時期を当てるのが難しい気がします。
その点、飼育で増やせばピカピカなのは当然ですがサイズが野外品よりも確実に大型になるので
非常に見栄えがします。野外品だと近年の鹿の被害の影響なのか、野外の厳しさ故なのかサイズに
かなりのバラツキがあり、♂なんてツマキチョウほどのサイズだったり…。

それと飼育だと赤上がりの個体が出やすい気もするんですよね。野外ではあまり見かけない産地でも
飼育するとバッチリ赤が出たりして面白いです。栄養状態がよく大型化するからかもしれません。
a0235150_1014058.jpg

a0235150_102482.jpg

飼育に関しては羽化させるだけなら全く問題ないんですが、最大の課題として「飼育紋」という
難題があります。飼育モノ特有の斑紋、色、形ですね。長期累代をやっている数名の方の飼育個体を
見る機会があり、野外品と変わらぬクオリティにビックリしました。自分もまだまだですねぇ。

飼育に関しては各ステージにおいて色々と試したい事もあり、今年も工夫して育てています。
累代をしてイエローテールを狙ってみたいしそれを固定化したり長期的なプランでやってみたい。
餌が足りない時の緊急回避術なども考案しておりますが話が長くなりそうなのでまた次回にでも!
[PR]
by aisutorium | 2016-05-01 10:29 | ヒメギフチョウ飼育 | Comments(2)
年末年始からコツコツと下調べをしてここ2週間天気は毎日チェック、サクラの開花状況と
経験と勘から29日、30日が個体数もまぁまぁ出揃ってバッチリだなと意気込んでいた
愛知、岐阜の低地ギフ探索ですが体調不良により手も足も出ずにお家でおとなしくブログ更新です…。

10カ所ほど良さそうな場所をピックアップして既知産地も含めて久々に単独ストイック探索を
やってやろうと息巻いていたんですがどうしようもありません!クソ!
それでも午後には少しずつ体調も回復してきたので、少なからず羽化して数日飛ばしてあった
ヒメギフのハンドペアリングをしてみることにしました。
赤上がりがそこそこ美しい個体同士で交配すれば良いものの未だ成功した経験がないので
失敗を恐れて綺麗な個体は手堅く展翅へ回しました。
a0235150_1753275.jpg

エサをたっぷりと与えていざ交配!
前回同様なかなかくっ付いてくれないヒメギフ。ただ今回は♂のやる気が良い感じ!
諦めずにしばらくイチャイチャしていたところ交尾成立!やった!(上が♀、下が♂)
a0235150_17592140.jpg

2年目にして初めて成功しました。成功すればこっちのもの。
次からはやる気のある♂の見極めとイチャイチャ加減を的確に判断できそうです。
これならばギフチョウの♀がいれば雑交できたかなと思うところですが既にギフのほうは
全て羽化を終えております。。チキショ!

交尾時間は45分ぐらい。ちょっと短いかなと思いましたがしっかりと「スフラギス」が形成され
たので順調だったのではないかと思われます。
a0235150_2014481.jpg

スフラギス作成中の動画を撮ってみました。
交尾終了後、♂が腹の先をモニモ二させて腹の先端の毛を利用して♀の交尾器にフタをします。
他の♂には手出しさせないってわけですね。

この後別の1ペアで交配を試したところ♂のやる気なしで失敗。ならばと先程のやる気のある♂を
使って試してみたところあっという間にくっ付きました(^^)連チャンで大丈夫なのか!?
とりあえず明日にでも産卵してもらおうと思います!
探索へ出れないのは残念でしたが希少産地の累代飼育や雑交に興味があるので今日の
ハンドペアリング成功は大きな収穫となりました。
[PR]
by aisutorium | 2016-03-30 20:17 | ヒメギフチョウ飼育 | Comments(0)
ギフチョウ♀とヒメギフ♂が揃ったのでペアリングを試みましたがくっ付きません。
頂くアドバイスとしては「元気モリモリな♂でやるんだよ!」と言うのが鉄板なので
やる気のある♂をスカウトして頑張ってもらったんですがねぇ。
バルバは開くがそこからが奥手でございます。羽化より3日目の個体を使用。
餌もやり満を持して行ったのだが…。成熟してないのかなぁ。

ヒメギフ同士でも頑張ってもらったところ1度くっついたんですが交尾には至らず
♂が暴れて離れてしまいました。ここぞという時に不甲斐ない♂だこと。
a0235150_13441327.jpg

ウスバサイシンは順調に育って産卵も可能な状況なんですが。
a0235150_13574626.jpg

ペアリングは経験がほとんどなく要領も手探りなのでこちらの問題かもしれません。
次回はもう少しお部屋のムードをそれっぽくしてみましょうかね(笑)
[PR]
by aisutorium | 2016-03-18 14:10 | ヒメギフチョウ飼育 | Comments(0)
今週は風邪でグズグズしておりました。
シーズン前に探索マナーネタでも書こうと思ってたんですが元気なしでした(+_+)
自分的に昨日は太平洋側で気の早いギフが飛ぶ予想だったんですが
天気予報もずいぶん変わり真冬の寒さ再び…。
週間予報からして次の週末辺りが間違いなさそうですかね。

さて、なんとかヒメギフさんが羽化。それにしても赤上がりが美しい!
長野県の個体ですが昨年はここまでの赤は出なかったし野外でもお見かけしない派手さ。
条件がそろえばペアリングしたいところですが。。

a0235150_13515522.jpg



[PR]
by aisutorium | 2016-03-12 13:53 | ヒメギフチョウ飼育 | Comments(0)
このタイミングでヒメギフの蛹を少しばかり室内へ取り込んでみました。
昨年は羽化までにかなり時間がかかったヒメギフ。今年は何日で羽化するのか!?
ギフはもうちょっと後に取り込もうと思います。

やらせ写真でも貼っておきましょう(笑)
a0235150_20282465.jpg

[PR]
by aisutorium | 2016-02-04 20:29 | ヒメギフチョウ飼育 | Comments(0)
大好きなお正月も過ぎ去ってしまいました。。
お休みのときは色々考えてみたりするのであーでもないこーでもないと
ブログも更新するもんですがやはり通常モードだと全てが通常に戻りますね(^^)

高温だった気温の方もようやく通常モードに戻ってきて初雪も観測され
ガッツリ寒くなってきました。なので蛹たちはこのまま屋外の軒下管理で行こうと
思います。交配も考えているので昨年よりはゆっくり目に羽化させようかと
思っております。
a0235150_2159994.jpg

年々マシにはなっておりますが触角の処理がだらしなくなってしまう時が少々。
安定したクオリティを維持できてなんぼです。
a0235150_2294095.jpg

[PR]
by aisutorium | 2016-01-13 22:12 | ヒメギフチョウ飼育 | Comments(0)
室内に取り込んで2週間以上経過しても全く羽化しなかったヒメギフがようやく羽化しました!
ギフチョウだと10日もすればどんどん羽化してくるんですが、結構差があるんですねぇ。
混生地もあるぐらいなので同じ環境に置いても、羽化のスイッチが入るタイミングが違って
微妙に発生時期をずらしてるのかも!?
八ヶ岳山麓産
a0235150_19234604.jpg
a0235150_19233757.jpg

現在まで、長野県栄村2産地、新潟県湯沢町産、魚沼市産がほぼ羽化し、南魚沼市産、長野県下伊那郡産はこれから。
上記の産地のうち、冷蔵庫で保管しているものが20蛹ぐらい。
今週末には野外のギフチョウも出るでしょうからそろそろ出撃体勢に入らねば(^^)


[PR]
by aisutorium | 2015-03-17 19:46 | ヒメギフチョウ飼育 | Comments(2)

by BUTTERFLY BRINGS☆