ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

カテゴリ:飼育( 64 )

昨年に蝶友さまから頂いた蛹、室内で管理していたんですが最近になって
色付いてきてようやく羽化いたしました!暴れるので展翅の図。。
a0235150_23255947.jpg

最初の3頭が羽化不全だったり羽化直前で★になってしまったりと不安な状況でしたが
なんとかしっかりと翅が伸びてくれました!関東ではまず目にすることのないセセリ。
ミヤマセセリ♀ほどのサイズでなかなかのボリュームですね。大阪辺りまでは普通に見られる
ようですが関東まではまだまだ遠い…。いつか北上してくるんでしょうかねぇ。

さて今日もまだ寒い1日でしたが日差しは確実に春の力強さを感じますね!
a0235150_23335458.jpg

プランターのウスバサイシンも新芽がほころびだしてきました。昨年よりも早い気がします。
ギフチョウの発生も早いんでしょうか!?
太平洋側は早いような気がしますが、新潟方面は平年並みと予想しています(^^)
[PR]
by aisutorium | 2017-03-09 23:43 | 飼育 | Comments(2)
先月室内へ取り込んだギフチョウの蛹ですが一週間を経過した現在も羽化していません。
まぁ早めに取り込んだ場合、羽化まで時間がかかることがあるので気長に待ちますかね~!
さて本日はナミアゲハが羽化いたしました。
昨年、江東区でたまたま見つけてお持ち帰りしたものです。オレンジのアクセントが良い感じの♀でした。

いやぁ~春が待ち遠しい!
a0235150_20184029.jpg

a0235150_20185461.jpg

[PR]
by aisutorium | 2017-02-02 20:24 | 飼育 | Comments(0)
がむしゃらに働きまくるのも良いもんですが、続けていると気力まで失せてきますね(^^)
ということで年内は30日までお仕事の予定なのでここらで息継ぎです。

蝶に関してはブログ含めほとんど放置状態。。
と言う事で最近の状況としては、、オオウラギンさんの卵を放り込んで放置していた
プランターを覗くと…、食痕が!
a0235150_917543.jpg

幼虫は小さすぎて発見できませんが(タテハなのに小さすぎ)どうやら順調!?に孵化して
モゾモゾしているようです。

忘れてたけど10月ぐらいにホシミスジが柿の実に来ていてネットインしたところ♀だったので
ユキヤナギに袋掛けしました。数卵産んでくれたのでそのまま放置。。まだ落葉してないので
見つけられませんがこちらもたぶん無事に!?成育中かと。
a0235150_9261326.jpg


完全に落葉したデワノトネリコを見てみると…
ありゃー、チョウアカの卵に穴が!いくつかある卵塊の3~4割ぐらいやられておりました。。
a0235150_9281363.jpg


今年は秋まで葉が枯れずに残っていたウスバサイシンは立派な芽を付けつけていました!
来年は大きな株になりそう。
a0235150_9322252.jpg


あと頂いたクロセセリの蛹は全くの変化なし(^^)
調べてみると蛹で越冬するらしい!?ってことでこのまま春までお休みですかね!

ギフは順調に越冬中!と思いきや数個カビが発生。。夏と冬はわずかに脱落が出てしまうのは
しょうがないですけどね。まぁ概ね順調でございますよ。
[PR]
by aisutorium | 2016-12-12 09:48 | 飼育 | Comments(0)
今日はお時間に余裕あり(^^)
正直多忙な日々に疲れてきていたので少しだけリフレッシュされております。

さて今週初めからクマソが羽化し始めています!
と言うのもブログの読者様が送ってくれたんですね♪ しかもた~くさん!感謝!
なので今朝もクマソの羽化ラッシュでございます。

過去に神奈川産を採幼から飼育したことがありますが、初めての飼育で共食いしてしまったり
幼虫が好むやわやわの新芽を確保できなかったりで少し難儀した記憶が。。
大きさも小さくなってしまったりしたんですが、今回の個体は全てデカくて安定しております。

自宅にソテツはあるので累代も可能な環境なんですがこの時期に新芽はなし。
南方系の蝶が進出してきている今でもクマソには寒すぎるんでしょうね。

こちら羽化個体♂。 表にも僅かにオレンジが出ています!
a0235150_1154434.jpg

こちらは♀。個人的には♀が好み!
後翅の白の出方とかたまらないです(笑)低温期型はもっと渋いんですがねぇ。
a0235150_11554647.jpg

他にも蛹を頂きましたが、そちらはまだ羽化の兆候なし。これからの楽しみですね!
今夜も少しクマソの展翅です(^^)
[PR]
by aisutorium | 2016-11-11 12:01 | 飼育 | Comments(0)
先日出先でナガサキアゲハの前蛹を発見したんですが回収するには不安定な状況で
どうしようかと思ったんですが生垣の中にそっと忍ばせておいて、昨日近くに行く用事が
あったので回収してきました(^^)
a0235150_855512.jpg

この時期なんで越冬蛹でしょうね。なかなか良いサイズです。

オオムラサキのほうはそろそろ越冬モード。徐々にグリーンから茶色へ。
無事に越冬してくれると良いんですが!
a0235150_8765.jpg


それからオオウラギンは孵化し始めました。先月越冬プランターを作ってそこへ放り込んで放置。
半分は室内に置いていたんですが数匹孵化していたので慌ててプランターへ放り込みました。
代用食でパンジーなんかも既に栽培中。初飼育で手さぐりな状況ですがなんとか越冬してくれれば
あとは何とかなりそうですがねぇ。
a0235150_8111471.jpg

そうそう、昨日マスミレっぽいのを発見したんですがコンクリートの隙間に生えてて回収できず。
あれって見かけるのはいつも変な隙間に生えてるんですよねぇ。。
[PR]
by aisutorium | 2016-11-07 08:13 | 飼育 | Comments(0)
ゴマダラチョウって比較的大木のエノキで育つもんだと思っていました。アカボシは落葉した葉の下
だけでなく枝の分かれ目なんかでも越冬するので道端の小さなエノキでも育つんでしょうが、ゴマダラは
オオムラサキ同様葉の下で越冬するので小さなエノキには産卵しないのかと。
実際エノキの幼木にはアカボシばかりなのでそういうものだと思っていたんですが、50~60センチ程度の
エノキからゴマダラチョウの幼虫が見つったので「こんなんでも育つんかいな?」と今までの認識が覆された
感じです。

今日も出先の江東区でエノキの幼木を沢山見つけたので探してみると結構見つかる!
アカボシの方が圧倒的に多いですが、30分程度の探索で10頭程見つかりました。
a0235150_20323361.jpg

先日は別の場所で2頭発見したので幼木巡りをしてみるのも楽しそう!

こんなのも見つけました。ナミアゲハと恐らくアカボシの蛹。
a0235150_20481587.jpg


さて先日、自宅に生えている無茎スミレの種を蒔いたところ早くも無数に芽が出てきました!
a0235150_2045185.jpg

a0235150_2045245.jpg

さすが勝手に増えるだけあってタフなスミレだこと。これ以外にも大きめのプランターに無茎種を
植えてみました。なんでかって言うとオオウラギンヒョウモンに手を出してしまったから(^^)
初めてなので良くわかりませんが根拠のない自信だけを頼りにチャレンジです!
非常食としてパンジーなんかも手配して増やし中ですが食うのかどうなのか…。
[PR]
by aisutorium | 2016-10-10 20:50 | 飼育 | Comments(1)
相変わらず探索へは出ず飼育のお世話をかる~くやっています。
オオムラサキはあまり変化がありませんが少しづつは成長しています。ただ2化として羽化しそうな
個体は今のところいないかなといった感じ。継続して新芽を与えないとダメなんですかねぇ。
a0235150_196610.jpg

他に今年用意したエノキの鉢植えにアカボシが付いてました(^^)オオムラサキのゲージ内にも
数頭付いていたようで夏ごろに大きな♀が羽化しておりましたが。
a0235150_1984557.jpg

まぁこちらは放置かな。そして本日出先でふと食痕のあるエノキを確認したところゴマダラチョウの
幼虫が2頭!真っ白な春型を期待してお持ち帰りです。

ギフチョウの蛹は夏越しで数頭脱落してしまいましたが、沢山の蛹が眠っています。
今年は良い産地が多数あり春が待ち遠しい!ハンドペアリングの要領も分かったので良い産地のものを
累代して増やしたいところ!
a0235150_1914753.jpg

a0235150_19142025.jpg

毎年株分けして増やしているウスバサイシンですが既に来年の芽が出来ていました。
a0235150_19164871.jpg

以前、キマダラモドキの飼育なんかに使えるかな~と用意したカヤツリグサ科のこいつ。
鉢植えにしたものは枯れてしまったんですが種がこぼれたのか、気がつけば庭のあちこちで
育っていました。ヒカゲ類の食草として使えそうなので試してみます。
a0235150_19202737.jpg

あとは飼育してみたいな~って思った蝶の食草を調べてみたりプランターに種をまいてみたりと
チマチマしたことをやっております。
[PR]
by aisutorium | 2016-10-01 19:28 | 飼育 | Comments(0)
本日はお休み。
エアコンをガンガンに効かせて湿気をやっつけてから標本整理をしておりました。
なんだかんだ今年も沢山お持ち帰りしたので結構大変。半日ぐらいやっていたでしょうか…。
でもこれでやっと今年の分と来年狙うであろう種が入るスペースをある程度確保できました。

さてそんな最中、クロヒカゲモドキ♀が羽化!7月に飼育を開始してから2ヶ月。長かったなぁ。
a0235150_19413630.jpg

a0235150_19414621.jpg

a0235150_19415790.jpg

生体を見るのは5年ぶりぐらいです(^^)
ところがサイズが小さい。ちょっと大きなツマジロぐらいでしょうか。
もっとも成長が良かった個体なので野外サイズを確信していたんですが…。さらに他の個体はと言うと
前蛹で死んでしまったり蛹化に失敗したりが続出してどんどん数が減って行く(*_*)

やはり年1化の蝶なのでそのサイクルに乗せてあげないと少し無理があるのかもしれません。
オオムラサキも飼育下では2化が出るそうですがサイズはずいぶんと小さくなるようだし。
なので今回は蛹化する体力を蓄えきれなかったのかもしれません。越冬個体ならば春の新芽を十分に
食べて育つことができますが、この時期だと成長しきった葉になるので栄養分ではかないません。

なので晩秋に採卵して野外で飼育し越冬幼虫を作ってやるのが最良なのかもしれないですねぇ。
まぁ何事も経験ですから次の機会に活かしましょう!
[PR]
by aisutorium | 2016-09-20 19:58 | 飼育 | Comments(4)
ご無沙汰してしまいました…(^^)
毎年のことですが8月が終わると一気にトーンダウンです。

ベニヒカゲ以来、出かけることもなく飼育のお世話や展翅外しなんかをしておりました。
飼育状況としては、オオムラサキは概ね順調に育っています。現在、推定3令~4令幼虫を
まとめて袋掛けした鉢植えのエノキに付けています。

しばらく地植えのエノキに袋掛けしていたグループの幼虫は新芽の割合が少なかったからか成長がやや遅い。
成長の早い新芽組は少しでも秋に羽化してくれないかと期待してるんですがねぇ。

クロヒカゲモドキはよーーやく終齢になり少しづつ蛹になり始めました。どうやら全てこの秋に羽化しそう!
a0235150_09175124.jpg
この夏の暑さで?脱落者を出してしまいましたが、比較的タフに成長してくれました(成長速度は超遅いけど…)
ところがツマジロやウラナミジャノメと違いプラケースの側面で蛹化する個体が多く、無理な姿勢のまま脱皮して
タッパーにひっ付いてしまう個体がいくつか。死んではいないようですが無事に羽化できそうもない…。
見つけ次第角度を変えて干渉しないようにしてやる必要がありそう。
まぁ初めて飼育する種は失敗しながら勉強していくものですから、数頭でも無事に羽化してくれればOK!

母蝶より産卵させたベニヒカゲは15卵ほど産んでくれましたが孵化したのは10卵ぐらい。屋外はさすがに
高温になりすぎるので室内で飼育していましたが、日中はどうしても30度以上になってしまいそれが災いしてか
小さな食痕をわずかに確認しただけで現在は幼虫の姿が確認できません…。
食草が悪かった可能性もありますがやはり高温にさらしてしまったのが悪かったような気がします。
来年はもう少し対策をしてもう一度白化傾向の母蝶に産ませてみようと思います。

絵的に寂しいのでゴマシジミの画像でも貼っておきましょう。
こいつもお取扱いがわずらわしい種になってしまいましたねぇ。。
a0235150_09430789.jpg

[PR]
by aisutorium | 2016-09-13 09:50 | 飼育 | Comments(0)
雑草ですくすく育ってくれたウラナミジャノメですが羽化が始まりました。
馴染みのあるヒメウラナミジャノメと比較するとやや大型で全体にメリハリがある感じ?
初対面ですがなかなか良い蝶です。冷蔵庫に入れていても出すと暴れるので微妙な写真ですが…。
a0235150_19461214.jpg

順調に羽化してきているんですが、交配したいなと思い♂♀揃うのを待っております。自然交配するのか
ハンドペアリングが良いのか全くの未知数ですがダメもとで試してみましょうかね!

クロヒカゲモドキは元気に育っていますがエサを食う割に成長が超遅い。このままダラダラと成長して
終齢で越冬するのかなぁ。結構気の長い飼育になりそうです。
a0235150_19524181.jpg


先日採集帰りに山梨へ立ち寄り少しばかりガサガサやってきたんですがオオムラサキ♀が採れたので
産ませてみよう!と思いお持ち帰りしたわけですが上手く行かず…。まぁかなりお疲れの個体だったので
厳しいかなとは思っていたんですがねぇ。
a0235150_19562898.jpg

オオムラサキは現在既に飼育中でして最初は少し目減りしてしまいましたが、現在は推定3令幼虫が
元気に育っております。普通のオオムラサキではなくて最近話題のキラキラしたやつです(^^)
累代したいところですが経験が浅いのでなんとも。少しばかり秋に2化が羽化しないかな~と期待!

さて山梨でガサガサしていた理由の一つが最近伐採地が増えてきてるのでイイ感じにワレモコウでも
生えてないかなぁと思ったもので。結論から言うと最後の方までゴマさんが採れていた辺りは伐採地はあれど
ワレモコウがありませんでした。
ところが6月にアサマ探索した辺りではなんともイイ感じにワレモコウがあって、こりゃ2~3頭飛び出すだろ!的な雰囲気がプンプンしたもので期待したんですが残念ながら出てきませんでした。
a0235150_20808.jpg

ただ里ゴマはこれからが良い時期だし、古い記録はある地なのでもう一度探してみようと思います。
まぁこれメインで出向くのも辛いので高い山の帰りにでも寄ってみましょうかね。
a0235150_2014714.jpg

先日高い山で得られた個体ですが後翅の下半分がベージュっぽくなっています。反対側は普通に全面
茶色なんですが。とりあえずバシっと裏展に致しました。
[PR]
by aisutorium | 2016-08-16 20:18 | 飼育 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆