ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

カテゴリ:庭の蝶( 17 )

以前から自宅近くや出先でジャコウアゲハの飛翔を目撃したなんて
書いておりましたが、ついに自宅庭でジャコウアゲハ1♀の飛翔を
確認致しました。子供の頃は毎日毎日網を持って自宅にて蝶を追いかけて
いましたが1度たりともジャコウアゲハと出会ったことはなかったんですよねぇ。

それがここ2~3年、都内のあちこちで、しかも本当に住宅街とか
マンション街での飛翔を見かけるようになったので「もしかして分布拡大してる?」
なんて思っていたんですが、住宅地にも確実に進出しているようです。
自宅には昔からウマノスズクサが植えてあるんですが、今回初めて多数の幼虫を確認!
a0235150_19284387.jpg
わざわざ採集に出かけていた種なのでまさか自宅で発生する日が来るなんて!
南方系の蝶や放蝶種を除いて近年自宅にて普通に見かけるようになった種として
コミスジやテングチョウがいますが何が原因でこんな東京の住宅街で近年増えだしたのか
原因が知りたいところです。
ホシミスジなんかのように頻繁に植えられる園芸種に付いて入って来たり
気温の上昇で越冬可能になった種があったり色んな要因があると思いますが
食草がやや特殊でそうそう庭に植える代物ではない植物に頼るジャコウアゲハが
なぜ頻繁に現れるようになったのか!?とりあえず経過観察してみます!




[PR]
by aisutorium | 2017-08-21 19:46 | 庭の蝶 | Comments(0)
今日は予定が変わり1日お休みに。出向きたいフィールドもあるんですが展翅を外したり整理したり
地道な作業をしておりました。
合間に庭でのんびりスズメバチの女王採集。コガタスズメバチがほとんどですがオオスズメバチも現れ
ビックリ。自宅周辺でオオスズメバチの働き蜂は見たことないんですが女王は昨年も1頭採っており
意外と広範囲を飛ぶのかも?

そんな時、ミスジ系の蝶が2頭現れスイーと飛んだりもつれたりしています。たまに見かけるコミスジ
かなと思ったんですがサイズが1回り大きく♀にしては飛翔コースが♂っぽいし、まさかミスジチョウは
こんな東京の都会にいるはずもなく、???となってしまったので降りてきたところでネットインしてみると
なんとホシミスジ!!

近年都心近郊の公園で発生しているなんて噂は聞いていましたが、今回は想定外の出会いでビックリ。
確かに食草はユキヤナギ、コデマリ、シモツケ等とのことでどこでも植栽されているし、いても不思議では
ないけど住宅街を飛ぶホシミスジは違和感あり過ぎです!恐らく公園に植栽された食草に卵か幼虫でも
くっ付いていたんでしょうがこんな大都会に定着するとは…。

こちらはリリース個体。紛れもなくホシミスジ。
a0235150_20245119.jpg

こちらはド完品!自宅に小さいながらユキヤナギ、コデマリ、シモツケがあるのでここで発生したのかも!?
a0235150_20255519.jpg

南方系の蝶の進出や故意に放蝶して定着した蝶がよく話題になりますがまさかこんな渋いのが進出して
来るとは!今後の動向に注目したいと思います。

あともう一つ嬉しかったのが超~久々に庭でダイミョウセセリと再会したこと。2000年前後に突然姿を消し
食草で見つかる幼虫の巣も見かけることなくいなくなってしまいましたが元気に飛んでおりました。名古屋
辺りまで行けば関西型が採れるかなぁ。
a0235150_203982.jpg

a0235150_2039198.jpg

ヒメジャノメも一時期見なくなったけどこちらは無事復活。
a0235150_20402031.jpg

サトキマダラヒカゲは沢山飛んでおります。
a0235150_2041086.jpg

[PR]
by aisutorium | 2016-05-23 20:46 | 庭の蝶 | Comments(0)
この連休は見事に飛び石連休でなんだか微妙でございます。昨日は通常通りのお仕事でしたが
朝ラジオを聴いていると中央道の下りが相模湖付近を先頭に41キロの渋滞とか言っていて
GWとかお盆よりもヒドイじゃん!とビックリしました。
それにしてもリアルタイムで情報が入手でき、渋滞予想も見れるし、過去の経験とか普通に考えても
こうなることは想定できるのに、なぜこの渋滞に突入して行くのかが全く理解できません(^^)
連休の下りでは八王子付近の峠で朝の7時前後には渋滞が始まっているので5時台の通過がベターです。

さて今日はお休みなので午前中にマテバシイの新芽を採りに公園へ。終齢幼虫もいくつか見つかったので
お持ち帰りしました。アラカシも探してみたところマンションの植栽で1本発見し、ムラサキシジミの幼虫を
探してみたんですが食痕のみで見つかりませんでした。
先日採集しシラカシの新芽で飼育していたムラサキシジミは蛹になりました!
a0235150_14384560.jpg

帰り道、自宅付近でスレた黒いアゲハが目の前を横切ったんですが、後翅に白い紋が!
なんと自分の大好きなモンキアゲハ!ナガサキアゲハ同様に分布は拡大しているようですが
食草の関係なのか都心の住宅地では滅多に見ることはなく自宅付近での目撃は恐らく25年ぶり
ぐらいだと思います!タッパーしか持っていなかったので手も足も出なかったですが、うちのミカンに
産卵してくれないかなぁ(^^)

庭ではユーパトリウムの花に沢山の蝶が集まっています。アゲハ類以外はブッドレアのように
各種好んで吸蜜に夢中です。
a0235150_14485418.jpg

a0235150_1449928.jpg

今年はイチモンジセセリばかりでチャバネセセリを全く見ません!
a0235150_144930100.jpg

a0235150_14495129.jpg

他にも樹上や日陰にも蝶の姿が!
シロダモの新芽にはアオスジアゲハがよく産卵に訪れます。
a0235150_1505887.jpg

a0235150_1512026.jpg

ルリタテハの蛹は色が変わり3頭が羽化!この時期は間違いなく秋型が羽化するだろうと
思っていたら全て夏型!春先に出会う越冬個体には稀に翅裏の明るい夏型もいるので
この時期でも夏型は羽化するんですねぇ。
a0235150_1456279.jpg

[PR]
by aisutorium | 2015-09-21 15:10 | 庭の蝶 | Comments(0)
この週末は夏の締めくくりにどこかへ出撃しようかと思っていたんですが
非常に微妙な天候なので大人しくしていることにしました。
何を狙おうかと考えてみると夏の蝶はほとんどが終盤で、「あぁ今シーズンも終わりか
そろそろインセクトフェアだなぁ」なんて感傷的になってしまいました(笑)

さて庭での定点観察をしていると、ムラサキツバメ♀がまたしてもマテバシイに絡んで
盛んに産卵をしていました。成虫を採集したかったんですがここは我慢。沢山産んでもらって
9月に幼虫探しでもしようと思います!
先日の飼育個体は♀が羽化しました。
a0235150_18194056.jpg

街中を見ていると公園や街路樹、マンションの植栽なんかにマテバシイが使われていて
良く剪定されているのでこの時期でも新芽を吹いており近所のマテバシイ巡りなんか楽しそう(^^)

適当にカタバミを摘んで適当に飼育していたヤマトシジミが1ペア羽化していました。
低温処理でもしようかと思ってたんですがヤマトは初めての飼育だったのでとりあえず普通に。
a0235150_1827611.jpg

あとは信州からお持ち帰りしたツマジロウラジャノメが産んだ2卵のうち1卵が孵化しそうな感じです。
とりあえずカヤツリグサ科の植物を与えてみます。食いつくか微妙ですが…。
やはりオーチャードグラスはスタンバイしておくべきですね。

それと今日、都心の住宅街でジャコウアゲハ♀の飛翔を目撃しました。
今年は都内の住宅密集地での目撃が3~4回。今まで我が家を含めほとんど目撃したことなんて
なかったのに何でだろう。いずれも♀なんですが。我が家ではウマノスズクサを植えて待っております(^^)
分布拡大中なのかなぁ?
[PR]
by aisutorium | 2015-08-22 18:40 | 庭の蝶 | Comments(0)
今日はお休みだったので庭をチェックしてみました。
先日、マテバシイにムラサキツバメ♀がまとわりついていたので幼虫でも付いてないかと
見てみると1頭発見!
a0235150_2091100.jpg

探すなら新芽で幼虫の周辺には蟻がたかってるからと聞いていたのですが
全くその通りでした(^^) ムラサキツバメは好きな蝶なので嬉しい!取り込んで観察中です。

ヤマトシジミは個体数が増えてきてカタバミにせっせと産卵する個体がいくつか。
1頭、他の植物に産卵行動を取っている個体が。卵は確認できませんでした。
a0235150_20135014.jpg

a0235150_2014162.jpg

1つだけ落ちた柿の実にはアカボシが!
a0235150_20163771.jpg

食草を用意して孵化を待っていたウラジャノメの卵はどうやら無精卵のようでした…。
残念!ヤマトシジミでも飼育しようかなぁ。

さて今週は夏の蝶でもストイックに探索してこようと思っております。
[PR]
by aisutorium | 2015-07-27 20:21 | 庭の蝶 | Comments(0)
春からせっせと肥料を与えてきた庭のブッドレアが絶好調で色んな昆虫が集まって来ています。
昆虫を狙ってトカゲなんかも集まって来ます!
ブッドレアの良いところは普段なら通過してしまう蝶が立ち寄ってくれ、しかもかなり長時間
滞在していくところでしょうか。通過だけなら数秒で消えてしまうものの、吸蜜に夢中になると
数十分も滞在していくので観察数がぐっと増えます。
a0235150_19452071.jpg

小雨の中、帰宅したところブットレアにカラスアゲハが!こんな住宅街ではかなり稀でしかも♀の
綺麗な個体だったんですが直前で気づいたためにビックリして飛び去ってしまいました…。
その2メートル先には常備の長竿があったのに。その後しばらく待っていると今度は白紋が発達した
ナガサキアゲハの♀が悠然と飛翔してきました。柑橘の周辺をゆったりと飛んでいたのでこれはと思い
ネットを一振りするも振り逃がしでございます。採卵したかったんだが。。
その他にはヒメアカタテハ、ナミアゲハ、アオスジアゲハなんかが入れ替わりで吸蜜に訪れて
賑やかになっています。

さて本日は久々の晴れでした。少し時間があったので庭にのんびりと腰を据えて蝶の観察です。
いきなりカラスアゲハが飛んできたので空中戦でネットインしてみると飛び古した♂でした。たまに
サンショウから幼虫が見つかるのでこんな街中でも細々と発生しているんですねぇ。
その後ゴマダラチョウっぽいシルエットが上空を滑空してきて、これも空中戦でネットイン。
いやに調子が良い(^^)先日もゴマダラチョウ♀を目撃していたので期待してたんですがアカボシ
でした!
マテバシイの周辺をチラチラ飛ぶ大型のシジミがいたので自分の好きなムラサキツバメ!?と思い観察
していると執拗にマテバシイに執着して飛んではとまる。♀だったので恐らく産卵しているんだろうと
そのままにしていたんですが、しばらくして見てみるとまだいたので確保いたしました。
例年だと秋に数頭見かける程度なんですが、今年は沢山観察できるのではと少し期待。
今後、幼虫がついてないか観察してみたいと思います。
a0235150_20141190.jpg

マテバシイの脇に何がいると思ったらアブラゼミ!
実は6月10日にアブラゼミが鳴いていてビックリしたんですが、例年だと7月10日頃から鳴きだすので
もうそろそろセミの季節なんですね。他にニイニイゼミ、ミンミンゼミは先日鳴いておりました。
a0235150_2021338.jpg


6月採集の蝶。ほとんど出かけられなかったものの少なからず狙った対象種は綺麗な個体を
確保できたので良しとしましょう。
a0235150_20253988.jpg

a0235150_20255689.jpg

a0235150_202686.jpg

[PR]
by aisutorium | 2015-07-10 20:32 | 庭の蝶 | Comments(0)
愛用のオリンパスのコンパクトデジカメが壊れて以来、むかーし使っていたキャノンのデジカメで
しのいでいたんですが、スペックダウンすると全く撮る気が起きないのと、前回クマさんをちゃんと
撮れなかった悔しさもあって、デジカメを新調しました!

今回も気軽に使えるコンパクトデジカメをと言うことでオリンパスSH-60にしました。
それにしても一昔前と違ってコンパクトデジカメって少なくなりましたねぇ。1件目のお店では
全く取り扱いがなくて拍子抜けしてしまいました。

庭で試し撮り。なかなか良い感じです!
a0235150_20223786.jpg

少し前までサトキマダラヒカゲが飛び回ってたんですが、ここ数日ナミヒカゲが飛び回っております。
ナミヒカゲは自分が子供の頃は庭でほとんど見ることがない珍品で見かけたのは10年間でせいぜい
3~4回ぐらいだったと思いますが、ここ10年でじわじわと増えて今では夕方になると3~4頭が
慌ただしく飛び回っています。
a0235150_2032165.jpg

こんな東京の住宅街でも栄枯盛衰があってナミヒカゲ、コミスジ、ツマキチョウ、テングチョウは
明らかに増えていますが、ゴマダラチョウやダイミョウセセリはかなり減少してしまいました。
環境の変化は特になくとも、気候や天敵の影響もあるかと思います。

さて5月の高温でギフは一気に終わってしまい、気になっていた新潟のチョウセンアカシジミも
今年は5月末には発生が始まっていたようです。
a0235150_20463240.jpg

この蝶は一気に発生してすぐ終わってしまうので慌てて出撃。当日は土砂降りの悪天候でしたが
ポイントにいた数十分間だけ雨が止むという奇跡が(^^)
ここは個体数が多く下草には無数のチョウアカ。トネリコを見上げるとオレンジが沢山!
そこへ1羽の鳥が飛んで来てトネリコに止まった瞬間、紙吹雪のようにチョウアカが飛び出した光景は
なんとも言えぬ感動が!
a0235150_20542194.jpg

チョウアカ探索は普通は何カ所か回ってトネリコや周辺にある栗の木を叩いてみる方法が一般的かと
思いますが、いづれも人家や畑に密接しているためか近年トラブルも多いようです。
人家の庭や畑内に侵入する者もいるという話もあって昨年は県道沿いでやっていても怒鳴られたという
話もあるので探索には十分配慮が必要かと思います。

人家周辺ゆえにこういった事情があるのは十分に理解できるんですが場所によっては「蝶を保護しています」
とか「ここは採集禁止です」とか…。またその手法できますか (笑)
放蝶じゃんか、、、と言うのは置いといて、何でもっとストレートに「畑や敷地内に立ち入られて迷惑です
蝶目的の人はお引き取り下さい」と意思表示しないんだろう。中途半端にオブラートに包んだ物言いを
するから条例も無いのに!とか放蝶だから!と言って人が来るんですよ。

保護していたはず?なのに数年後に発生木が全て伐採されるとかめちゃくちゃなこともあるし
変に保護だどうたらじゃなくて、「ほんと迷惑してるから来るな!」の看板が1番だと思いますがね。
日本人的な「察してくれ」的な対応でのらりくらりだからすぐにボロが出てややこしくなるのに。
情報がいくらでもあって一極集中が起きやすい時代で、さらにここ数年リタイヤ世代が一気にフィールドに
出てドヤドヤやっているからこそ意思表示ははっきりした方が良いです。
[PR]
by aisutorium | 2015-06-11 22:08 | 庭の蝶 | Comments(0)
東京都内にナガサキアゲハが定着してもう何年も経ちますが、目撃する個体のほとんど全てが♂で
♀はトータルで2~3回しか目撃したことがなかったんです。
♀には白い紋があるので遠くで飛翔していてもすぐに分かりますが、見かけるのは真っ黒ばかり。。
食草や吸蜜源のある公園なんかでじっくりと腰を据えてナガサキアゲハを観察していれば出会える
んでしょうが、それにしても虫屋の目で日々見ていて♀がいないのは甚だ疑問でした。

昨年、自宅の柚子に付いていたナガサキの幼虫を飼育してこの春に羽化した個体がこちら。
a0235150_20171481.jpg

白紋が全くありません。
これが飛んでいたら恐らく「また♂か!」となると思いますが、どうやら前翅の赤紋と生殖器を見ると
この個体♀です。

なるほどね!飛翔中、前翅の赤紋まではなかなか確認できないので必死で白紋を探していても
全て♂に見えてしまう訳です。それにしても真っ黒な♀ってなかなか硬派でいいじゃない(笑)
[PR]
by aisutorium | 2015-05-23 20:28 | 庭の蝶 | Comments(0)
ギフチョウ、ヒメギフチョウの飼育ばっかりしていますが、庭に来たナガサキアゲハ、クロアゲハ
ナミアゲハ、アオスジアゲハなんかの飼育も少しばかりやっていました。

室内に取り込んでいくつか羽化し始めているんですが、その中でちょっと変わったアオスジアゲハが
羽化しました。それがこちら。
a0235150_16405895.jpg

鱗粉がのってないように見えますが薄くグリーンがのっています。なかなかインパクトあり!

翅表はというとこの紋は出ていなくて、光に透けると確認できる程度です。
a0235150_16455070.jpg

グリーンの帯はとってもいびつで妙な感じ。。
a0235150_16472621.jpg

なんとなく飼育してみただけなんですが、このような個体が出るとまた飼育に熱が入りそうな…。
ギフチョウもいくつか変わった個体が羽化したのでまた紹介したいと思います!
[PR]
by aisutorium | 2015-04-14 16:51 | 庭の蝶 | Comments(0)
先日の台風が来る前、庭でスズメバチの採集をしていると1頭のウラギンシジミが現れ
カシの木やモチノキの樹上を旋回していました。♂か♀かは判別できませんでしたが
飛翔中に赤が見えなかったので♀かな?しばらく目で追っていると、先日の記事で書いた
カシの木にまとわりつくように飛んでいてその内枝の間に潜り込みました。
良く見ると枝に静止していて夜までその状態でした。ネットインして確認したかったものの
枝が込み合ってしかも高所だったのでできなかった。。前翅がやや尖った秋型!
a0235150_1725510.jpg

さらに夕方になりもう1頭のウラギンシジミが現れてこの個体もカシの木に潜り込んだ!
このカシの木、なぜか年を越えてウラギンシジミに大人気(^^)今回はネットインして♂♀の
確認はできなかったものの、過去にこの木で採集した個体は全て♀だったので今回も♀が
集まって来たんだと推測しています!
今週末はまた台風が襲来してきますが明日あたりまたカシの木に集まっているかもしれません!

さて現在熊本県産のナガサキアゲハの飼育をしているんですが、近年はギフチョウばかり飼育して
いるのでこんなに日々デカくなる幼虫に少しビビっております。
a0235150_17344037.jpg

現在は全て終齢になり夏ミカンの葉をバリバリと音をさせながら食いまくっています。
途中でユズの葉も与えてみたんですがあまり食いつきが良くなかったので夏ミカンに戻しました。
ユズの枝を切っているとその内の1枝に蛹がくっ付いていました。それにしてもデカイ!
間違いなくナガサキアゲハの蛹ですが、かつて飼育した時はここまでデカくなかったよなぁと
これまたビビりながら取り込みました。どんな巨大なナガサキアゲハが羽化するんだろう。。
出来れば♀で、しかも白が発達した個体だと嬉しいんだけど(^^)
a0235150_17392924.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-10-11 17:42 | 庭の蝶 | Comments(2)

by BUTTERFLY BRINGS☆