ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

林道全体が雪に覆われていたもののとりあえず進んでみることに。
少し進むと杉林の林床を舞うギフチョウが!しかも2頭いる。
雪の上を舞うギフは格別ですね。

しかし雪解けの水が林道を川となって横切っていてどちらもその先へと飛んでいった。。
「あぁどうしよう…」なんて迷う間もなく川を突破していました(笑)
更に進むと雪は減り明るい杉林が現れました。
と同時にまたもやギフが現れて。どうやらこの辺が発生地になってるっぽいなー。
a0235150_23462621.jpg


春先なら日光浴をするギフの撮影が狙えるんでしょうけど、さすがに気温が高く吸蜜源にも乏しくて
なかなか止まらないので撮影は困難な状況でした。
しかし静かな山の中で小川の音を聞きながら次々と杉林から湧き出てくるギフチョウを採集、観察するのは
最高でございました。

ポイントにいたのは1時間ぐらいでしたが20頭ほど観察できました。しかもほとんどが完品で。
もう一カ所寄ってみたい場所があったのですが、さすがに体力がきつかったのとこの場所で十分に
満足できたのでまた来年の楽しみとしました。

帰りは睡魔に勝てずSAで仮眠を取って帰ることに。東京方面、トンネルを抜けるとそこは雨だった。。
a0235150_024864.jpg

それでも新潟の青空とギフの姿が頭から離れませんでした☆
[PR]
by aisutorium | 2012-05-26 07:31 | ギフチョウ | Comments(0)
残雪の林道を歩いて行くとコツバメ、ルリシジミ、スギタニルリなんかが飛び出します。
東京地方ではすっかり初夏の陽気ですが雪深い当地では春は始まったばかりなんだなぁ。

新緑が本当にキレイだった!
a0235150_095149.jpg


更に進んで行きますがギフは飛び出しません。
そもそもこの辺がポイントでいいんだろうかと半信半疑になってきました。
時刻は9時になろうとする頃、気温はかなり高いし風もないし飛ばないはずはないだろー!

ふと脇を見ると
a0235150_0184020.jpg

冬はどれだけ積もるんだろう。。。

更に進むと目の前に黄色の蝶がフワフワ~と飛び出しました。
ギフだ!初対面も束の間、すぐに斜面の上の方へ飛んでいってしまった。
見上げると満開の桜があって数頭のギフが飛んでいるのが見えます。だけど降りてこない。

20分ぐらい粘って9時07分、ようやくゲットです。

味気ないけど写真を撮ってみました。キレイだー!
a0235150_0284759.jpg



これで一安心。帰りにもう一度寄るとして更に先に進んでみます。
同じような環境が続きますがギフは見当たりません。発生地とは少しずれてるのかなと思っていると
脇道が現れました。

しかしべったりと雪が……。
さてどうする??見上げると日当たりの良い斜面になっていたので
行ってみることにしました。
a0235150_0374137.jpg

[PR]
by aisutorium | 2012-05-25 06:31 | ギフチョウ | Comments(0)
4月末に予定していた「ヒメギフチョウ in 信州」は仕事が多忙で、そしてなんとか行けそうだった日は
しっかり雨という救いようのない状況だったので清く諦めたのでした。
その後も休みの度に雨!雨!雨!もうどこにも出かけられずストレスが!

気が付けば5月の半ばを過ぎていた…
近場でどこかないかな~と考えてみて、神奈川県のヒオドシチョウ発生木を見に行くか
奥多摩の春型ミヤマカラスも適期だなぁ~とか思っていたのですが当日は昼から雷雨という。。。

これで踏ん切りがついた!もう新潟行く!となりました(笑)
慌てて情報をかき集めてみたものの、この時期に発生しているギフチョウは結構限られるな。
日帰りということもあって魚沼のギフに決めたのでした。
今年は春が遅かったしまだ間に合うだろうとプラス思考で。

今までの経験値としては精進湖でギフを探したことはあるのですが(キアゲハしかいなかった)図鑑や
標本でしかギフチョウは見たことがないし、初めての土地で日帰りで何とかなるものかなぁとかなり不安で。
しかも前日は残業で日付が変わってからの帰宅だったのでヘトヘトなのに3時間ほどの睡眠で出発
したのでした。

この日も東京地方は朝から雨。。。。。でも関越トンネルを抜けると、晴れてるー!
a0235150_21375082.jpg


これには救われたなぁ。
現地は市街地にもまだ少し雪が残っていてやっぱり今年は雪解けも遅いのかなと思いながら
ポイント付近へと続く林道を上がって行くと…
a0235150_21432524.jpg


何の装備もない後輪駆動車を乗り捨てて
疲労困憊の体でポイントまで歩くことにしたのでした。
[PR]
by aisutorium | 2012-05-23 21:53 | ギフチョウ | Comments(0)
2005年~2007年あたりは蝶を探して西へ東へ右往左往していた時期で、出撃回数もかなり
多かった記憶があります。今みたいに対象種が決まっている訳でもなくとにかくいろんな場所に赴いて
沢山の蝶を見てきました。採集オンリーの時期ゆえに写真はほとんどありませんが。。

そんな中に山梨県のコヒョウモンモドキがあります。A山のポイントは有名かと思いますが
最近たまたま見た記事に「絶滅したようだ」と書かれていて何とも悲しい気持ちに。
2010年に訪れた時はポイント付近は深い霧の中で、ツマグロヒョウモンとかキアゲハが飛ぶぐらいで
本種はいませんでした。昨年訪れた時は「今日は飛んでるな!」と確信してウロウロしてみたのですが
全くいなかったので嫌な予感はしていたのですが。

シカの食害の話題は良く聞きますがここでも食草クガイソウへの被害は深刻で、実際かなり減少していたので本種も絶ってしまったのでしょう。ここよりさらに先へ進むとクモマベニヒカゲのポイントが現れますが
こちらも近年絶ってしまったと聞きました。
O山のアサマシジミも同じような状況ですね。食草の減少と時期を同じくして本種も減少しここ数年は
見ていません。どちらのポイントも大きな環境の変化は見受けられないので、食草への直接的な
ダメージが原因なんでしょうか。山里でもたまに見かけるシカ君、だいぶ暴れ回ってるんだなぁ。


さて、気合いを入れてヒメギフだ!と言っていましたが結局多忙ゆえに流れてしまいました。
まだ飛んでるかなぁ。。来年のために下見がてら行ってみようかと思います。 
[PR]
by aisutorium | 2012-05-15 20:49 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆