ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

現在、オオムラサキとゴマダラチョウの幼虫を飼育しております。まだ枯葉と一緒にタッパーに
入っているのですが、暖かい日にはモゾモゾし始めていますのでエノキの手配をしました。

4~5年目の株を2本。2年目の株を4本。3年目ぐらいの株を1本です。
人にあげる分がほとんどですが、私は3年目の株を使用することにしました。

オススメは4~5年目の株で一度切り戻しをした株が最適だと思います!
切り戻した株元から「ひこばえ」が沢山出ますので単純に葉の数がかせげるわけです。
エノキは水揚げが悪いので、近所にエノキの大木があり新鮮な葉を供給できれば良いんですが
ほんとは鉢植えで用意できれば最適ですね。

エノキはその昔、今で言う標識代わりに植えられたと言います。それほど大木になる木なんですね。
とても丈夫なので30センチサイズの植木鉢であれば背丈ほどの株にはできます。
毎年目覚ましい勢いで伸びますが夏前ぐらいにバッサリと剪定をし肥料をしっかり施して日陰に置いておくと
沢山枝が出て来ます。
このように剪定でうまく枝数を増やすと小さな株でも大量に葉が得られます。

先日掘り上げたエノキの一本に、アカボシゴマダラの幼虫が付いていました☆
幼木が好きなのは知っていましたが40センチほどのエノキにも付いているとは驚きました!
a0235150_1955639.jpg

と言うことで、エノキ御三家の飼育となりました。どれだけ羽化してくれるか。
個人的には白化型のゴマダラチョウに期待しています!
[PR]
by aisutorium | 2013-03-24 19:58 | 飼育 | Comments(0)
各地でギフチョウが飛び出しましたね!
都内の桜は3~4割ぐらい咲いていることに気付いてビックリ。
水気のあるところではカエルがゲロゲロと鳴いています。
今年も新潟辺りのギフチョウから始めようと思っているので本格始動は来月からかなぁ。

さて、余裕があったら探そうと思っている蝶にゴイシシジミがいます。
凄く地味だしあまり目にとまらない本種ですが「渋いもの好き」には結構気になる存在なんですね。
飾り気のないモノクロな本種は渋さもさることながら、結構産地によってサイズ差がでかいんです。
a0235150_2318452.jpg

上の個体は山梨県南アルプス市の標高1600メートル以上の個体。
下は東京の稲城市の個体です。どちらも各産地で見られる標準的なサイズですが随分差があります。
ゴイシシジミは標高があるほどデカくなる傾向があるようで。
デカくて翅表に白紋が入るような個体を狙っていたり(^^)
南アルプス市のデカイ個体は6月下旬~7月中旬が発生時期ですが年によって個体数にかなりの
バラつきがあるのが難しいところ。笹が群生しているような場所では比較的安定して発生するようですが共生するアブラムシとの関係があるんでしょう。
数年前の当たり年のときは笹の群生地に30頭ぐらい乱舞していたんですけどね。
「デカくて白いゴイシシジミ」もなかなか味わい深いです☆
[PR]
by aisutorium | 2013-03-19 23:39 | Comments(0)
今年は寒い冬が続いていましたが、ここしばらく春の陽気が続いています。
なかなか強烈な春の嵐も吹き荒れていますが、早くも蝶が飛び出しています!

東京地方では、3/9に越冬明けと思われるキチョウとテリトリー活動をするキタテハを2頭目撃。
翌10日にはモンシロチョウが発生していました!
昨年の私の初見記録をみると、4/2のモンシロチョウでしたので今年は寒かった割には順調に
季節が進んでいるようです。
もう20年以上前だったと思いますが、ホワイトデーの日にナミアゲハを観察したことを思い出しました。
数日後に寒波が来て冬の気候に逆戻り。ナミアゲハが無事だったかは定かではありませんが…。

さて、もう間もなくギフチョウの季節ですね。
私は昨年同様、新潟でギフチョウと戯れたいと思っています(^^)
昨年は仕事終わりに3時間ほど仮眠を取って、そのまま日帰り新潟ギフ探索を強行したわけですが
今年はもう少しのんびりと行きたいものです。
[PR]
by aisutorium | 2013-03-14 17:27 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆