ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大好きなクロシジミの発生する時期になりました!毎年梅雨が明けると「クロシジミ行かなきゃ!」となるのが
恒例になっています。以前は富士宮市を探索しとっても狭い範囲ながら毎年確実にみられるポイントを発見し
通っていたのですが、2011年より採集禁止のため行かなくなってしまいました。
富士宮市の個体は個体変異が少なく色味も一定といったイメージ。それに対して最近通っている山梨県側の
個体は黒っぽい個体~白化するものまで様々でまた個体数も多くとても魅力的です☆
a0235150_9255975.jpg

既に発生は始まっていると思いますが私はいつも25日過ぎぐらいに訪れています。クロシジミはダラダラと
発生するので8月上旬ぐらいまでなら綺麗な個体が期待できるので。ちなみに昨年はゴマシジミの時期に
完品に近い♀がいたくらい(^_^;)
採集は容易ですが私はいつもカメラも持参してジックリ観察し養主のアリとの関係を見るのも楽しみの一つ。
a0235150_95016.jpg

ただいずれの生息地も日陰が少なくとにかく暑いので熱中症対策は必須ですね。この時期体がまだ暑さに
慣れてないのと今年はこの猛暑なので!!♂を発見しやすいのは特に暑い午後以降になるし。
毎年翅表まで白化する個体やブルーの出た♀を期待するも出会えていないので今年こそは!
[PR]
by aisutorium | 2013-07-11 09:54 | Comments(0)
各地に採集に出かけていると春から秋まで、低地から高原まで大抵目にするのがモンキチョウ。
普段は見向きもしないし景色の一部みたいになってしまってる感じ(^_^;)
狙って採集することは滅多になく、花に止まるお目当ての蝶を一振り!一緒に止まっていたモンキチョウも
ネットに入り、「完品だから持ち帰っとくか」程度にお持ち帰りするちょっと切ない関係だったり。
ところが今年はちょっと真剣にモンキチョウを観察していたりします。子供のころから図鑑などで
黄色型の♀の存在は知っていたのですが、斑紋での区別は難しくなかなか確信を持って採集したことは
なかったんです。ですが福島県での採集の最中、産卵行動をする黄色いモンキチョウを発見し確信を持って
採集することができました!
モンキチョウ黄色型♀
a0235150_22271623.jpg

モンキチョウは地域差ではないですが斑紋の出方や色合いに結構違いがあってジックリ観察すると
面白かったりします。黄色型♀の多い地域もあるみたいですし黄色型♀から採卵して飼育してみるのも
楽しいかもしれません☆普通種にも目を光らせながらの探索はとってもオススメ!
[PR]
by aisutorium | 2013-07-09 22:37 | Comments(0)
6月は一気にいろんな蝶が出だして忙しい時期ですよね。ここのところ未開の地での採集に勤しんで
いたのですがそれは後日紹介するとして、毎年通っているポイントも回って来たのでそちらを。
やはり外せないのがアサマシジミですね!毎年通っていた甲府市のポイントはシカの食害のせいか
2009年頃から絶滅状態。ちょうど七夕の頃訪れるとアイノミドリやメスアカミドリ等のゼフと一緒に採集できた
んですけどね。小型ながら青がキレイなんです。最近行ってないので状況は分かりません。
その後は甲州市に点在するポイントを探し出して通っております。ここのは平地のアサマといった感じで
比較的大型で青の出る範囲は様々。集落に点々とせま~いポイントが点在するのですがここ2年程は
個体数がとっても少ないので少し心配。今年は初めてこの地で採集者に会ったのですが、個体数の多い
ポイントでもかなり数が少ないとのことでした。ここら辺の適期は6月中旬~下旬でしょうか。
上が甲府市産。下が甲州市産。サイズと青の色味が結構違います!
標本が古いので青の比較が微妙ですが。。
a0235150_1144963.jpg

そして今年初めて訪れたのが北杜市のポイント。ここのはさらに大型で♀の翅裏が黒化したり翅表の前翅まで
赤紋が出る個体がいたりとなかなか魅力的な産地でした☆こちらも適期は6月いっぱいかなぁ。
7月になると信州方面のアサマが出始めますね!昨年ゴマシジミ探索時に見つけた茅野市のポイントは
行きたいな。さすがに8月だったので♀もボロばかりだったのですが7月中旬頃が狙い目かなと思っています!
[PR]
by aisutorium | 2013-07-08 00:06 | Comments(0)
七夕を迎えてもなおギフチョウの話題です(^^)
今年一番探索回数が多かったのが長野県だったと思います。栄村各地を回る感じだったのですが
天候には恵まれたものの福島のとき同様個体数が少なく思ったように成果が上がりませんでした。
6~7産地は訪れたかなぁ。
まぁこちらも「珍」な産地ですから新潟で探索する気分で訪れてはダメですね!
5月上旬から始まりやっと当たったのが5月下旬でした(笑)半ばギフは諦めて林道を流していると
突然前方にギフが!慌ててネットを持ち出しなんとかゲット。完品の♂でした☆
さらに立て続けに現れたのでポイントで間違いないと確信し探索すると、今までの苦戦が嘘のように
次々とギフが現れ「珍」な産地でとても楽しい時間を過ごさせてもらいました。
偶然に発見したこのポイントは人や車もほとんど入らない場所で、時期が合えば来年もきっと
沢山のギフチョウが見られるでしょう!
a0235150_11155370.jpg

ここのギフは尾状突起が細くて長く、小型ながら清楚なイメージがあります。
少なからず卵も採集できたので来年の羽化が楽しみ!
こちらも栄村産。ほとんど知られてないであろう珍ラベル。1頭だけでもボロでも嬉しい!
a0235150_1116928.jpg

来年は木島平村や飯山市などで探索してみたいなぁ。
[PR]
by aisutorium | 2013-07-07 11:19 | ギフチョウ | Comments(0)
久々の更新になってしまいました!
毎週採集に出かけ展翅に追われていたのでブログまで手が回らなかった、といった感じです(^^)
6月初旬をもって今年のギフチョウは終焉としましたが、まだまだ幼虫の飼育は継続中で
そのほとんどが蛹になりましたがまだ終齢幼虫が数頭いてバリバリ葉っぱを食べあさっております。

さて今年のギフチョウ行脚は愛知県に始まり山梨県、長野県、福島県、新潟県と5県を回り
ある程度の成果を上げてきました。が!福島県だけはどうにも難しいという印象でした。
a0235150_20525650.jpg

福島県のギフチョウは県境を接する新潟県の個体よりも山梨県や静岡県の個体に近いそうです。
福島県にはいくつかの産地がありますが西会津、只見町での探索。西会津は3回訪れるも天候に恵まれず
さらに個体数が少なく苦戦しました。最盛期過ぎに気合いを入れて探索し2人で6頭の成果でしたが
ポイントを探しながらの採集で苦労しました。。
只見町は2カ所で探索するも姿を見るのが精いっぱいで「珍ラベル」の洗礼を受けました。
ただ卵をある程度採集できたので飼育で頑張ろうと思っています。
福島県には産地は点在するものの、天候や気温、風、雪解け等の条件が上手く合わないと本当に苦戦します!当たれば2桁の採集も可能みたいですが通わないと難しいだろうなぁ。
[PR]
by aisutorium | 2013-07-06 21:17 | ギフチョウ | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆