ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北富士では少ないながらゴマシジミを拝めて、青が出た個体にも出会えたので満足していたのですが
毎年恒例になりつつある富士河口湖町のゴマシジミも探索して来ました。
一昨年は2頭、昨年は3頭の目撃ながらかなりピンポイントで環境もさほど良くないのでなかなか手ごわい
場所です。今年はどうかな~とポイントへ入ると吸蜜源となる萩がほとんど咲いておらず他の花もなんだか
少ない感じ。おまけに昨年と比べるとワレモコウがとっても少なくなっていました…。それに反してススキの
勢いは昨年以上でちょっとヤバイ感じが出ておりました(+_+)
とりあえず発生地の草地と以前飛翔していた場所を見て回るも結局ゴマの姿はなし。北富士よりも発生が
遅く9月でも間に合う場所ながらさすがに未発生ではないだろうしなぁ。他に目ぼしい蝶もいないので笛吹市に
移動してクロツバメシジミの発生状況をチェック!こちらは昨年よりもツメレンゲが多くた~くさんのクロツが
飛んでいました☆また10月頃に来てみよう。
a0235150_14111615.jpg

実は先週韮崎市のクロツポイントへ行ってみたのですが高温と水不足でツメレンゲは生育不良。一部雑草まで枯れるような状況でクロツも全くいなかったのでこちらもそんな状況ではないかと心配になったのでした。

沢山のクロツと戯れた後は甲州市へ移動してツマジロウラジャノメ探し。お目当ての林道はゲートが閉まっていて入れない…。仕方なく標高を上げてタテハ類の多い林道や岩場を見て回るも、とにかくな~んにもいない!
水不足や高温の影響なのか昨年同様、蝶が極端に少なかったです。本当に何もいなくて怖くなるくらい(笑)
[PR]
by aisutorium | 2013-08-29 14:28 | Comments(0)
先週1年ぶりに北富士を訪れ、広い草原を夜明け前からのんびりと探索できて非常に楽しかったのと
まだまだ未探索な個所がありもう少し歩いてみたかったので再び北富士へ行って来ました!
渋滞状況を見ながら今回はゆっくりと出発。先週とは別の場所を歩いてみるとヤマキチョウが多く
草原を歩くたびに吸蜜していた個体が飛び出して来る☆ ゴマシジミは先週とは別のポイントを見つけるも
個体数が少なくボロであった(+_+)なかなか良いポイントがなく彷徨っていたのですが知人にポイントを
教えてもらいすぐに数頭のゴマを見るも破損個体ばかり。朝は新鮮な個体が多かったということで
ボロが良く飛ぶ日中に辿り着いても遅かった…。まぁ遠回りをしたおかげでその他の蝶のポイントも把握
できたので良しとしよう(^^)

と少しボヤイてみましたが今回のボヤキは別にあって…。もう少しゴマシジミを拝みたかったなぁと思い
山梨県北西部の保護区域に立ち寄ってみました。採集禁止なので肉眼かカメラに焼付けようと思って。
ところがなんだか様子がおかしい。発生ポイントはことごとく草刈がされ、ワレモコウは皆無。
無論ゴマの姿はなし。ワレモコウで産卵や吸蜜を行うゴマシジミにとって破滅的な状況となっていました。
狭い場所ですから絶滅の可能性がとっても濃厚。非常に貴重な山梨県のゴマシジミ。その保護区域が
なんて有様だろう。
近年では採集禁止の蝶、場所が沢山あります。でもそういう場面を見るたびに疑問が沢山。
採集禁止の場所なのにそれを示す看板一つなかったり、突然草木が無造作に刈られ個体数が激減して
いたり、やみくもに放蝶したり、ただの観光名所みたいになっていたり。
保護って何なんだろうなって考えてしまうなぁ。。
例えば虫をやっていればやたらめったら耳にする「採集禁止」。この段階で満足している人がとっても多いと
思います。これはあくまで避難措置であって環境全体を適正に保つ活動があってこその保護なのに。
これが実行できているのってどれぐらいだろう。
それと一度保護すると決めたら未来永劫、または保護の必要がなくなるまで「続ける」のが筋だと思います。
市町村合併等で条例が無効になってはいけないし、ブームやファッション感覚、自己満足でやると
ろくなことがない。条例や看板だけが残り対象種はとっくに絶滅というお間抜けな状況は実際ある話で。
蝶は採ったら一時的にしても減りますし、採りつくして絶滅させることが容易な種もいます。それを禁止して
囲いを作るのも分かります。
でも問題の根幹はそこではないことがあまりにも理解されてないのは残念ですし、日本はこういった分野の
認識がまだまだ後進国なんだと思います。「採集禁止」や「保護」とは本当に大事な部分を煙に巻いてしまう
魔法の言葉。便利で耳障りは良いけどとっても盲目的な言葉だと思います。
最近この保護ゴマの記事を見かけないけど話題が去ればこんなものかぁ。ゴマがいなくなったことにも
気づかないんじゃないかな。
[PR]
by aisutorium | 2013-08-21 17:49 | ゴマシジミ | Comments(1)
昨年初めて訪れた北富士演習場ではキマダラモドキ、ヒメシロチョウ、ミヤマシジミ等初見となる蝶に
出会えて、さらに非常にロケーションも良くてお気に入りの場所に☆
残念ながら不作だったヤマキチョウ、ポイントを外していたゴマシジミには出会えなかったので今年こそはと
気合いを入れて探索して来ました!
気合いを入れすぎて夜明け前に到着(^^)腰を下ろしておそらく一番乗りの草原で夜明けを待つ。
猛暑が嘘のような肌寒さでした。
a0235150_21573550.jpg

陽が射し始めると湖が綺麗に輝いていました☆
a0235150_2159165.jpg

まだ蝶達は眠っていましたが、いち早く飛び出したのはセセリチョウ。その次にジャノメチョウが飛出し
十分に気温が上がるとモンキチョウが飛び出しました。
a0235150_2211497.jpg
a0235150_2212888.jpg

草原に点在する疎林では7時頃一斉にキマダラモドキが飛出し楽しませてくれました。♀が良い時期で
キレイな個体ばかりだったなぁ!
1時間ぐらいで飛翔は止まり変わってトラフシジミ、ムラサキシジミが飛び回っていました。
涼しいうちにゴマのポイントとなりそうな場所を下見し、その間現れるヒメシロチョウやヤマキチョウを採集。
昨年キマダラモドキが多かった林では適当に歩いて行くと新鮮な♀がポツポツと飛び出してきます。
さて肝心のゴマシジミですが朝に下見した場所を回るも見つけられず…。
気分を変えてミヤマシジミのポイントを見に行くもこちらもいない。。
日中は猛烈な暑さで日陰もなく引き上げようと思ったものの、もう少しだけゴマをさがすことに。
闇雲に歩いてもしょうがないのでワレモコウが多くススキはそれほど茂ってなくて暑さをしのげる日陰が
多少あるような場所を探すと、やっと1頭発見!なんとかゴマが採れた☆青がうっすらと乗っている。
a0235150_22502916.jpg

さらに付近を探索するも後が続かないし暑さでフラフラだったので車に戻ると、車の先にゴマが飛んでる!
こちらは真っ黒のタイプ。もう少し探したかったのですが暑くて退散!
帰りに甲州市に寄って現在も生息が確認されている場所をチェック。
夕立のなかゴマに見える蝶が止まったのでデジカメで最大までズームにして確認すると…こいつか(+_+)
a0235150_2317512.jpg

来週も懲りずにゴマ行きます!
[PR]
by aisutorium | 2013-08-17 23:23 | ゴマシジミ | Comments(0)
7月下旬に初トライしたオオゴマシジミに取りつかれ今だにオオゴマシジミを追いかけて深山を
ウロウロしています(^^)長野県~新潟県を数回訪れ目撃したオオゴマは100頭以上!
とても難しい蝶のイメージでしたが、ポイントと時期と天候と斜面をよじ登る気合いが有れば
沢山の個体に出会えることを知りました。
採集していて気付いたのは個体の大きさにかなりのバラつきがあること。発生初期は小さい個体が多く
ルリシジミほどの極小個体から最盛期過ぎにはモンシロチョウほどの♀が現れたりと面白い!
全ての個体を展翅してみて色、サイズ、形が一つ一つ違ってギフチョウのような魅力もある蝶ですね。
特に新潟県の個体は青がとってもキレイ☆ゼフのような輝き方をします!
生態写真がないのは恒例の本気モードゆえに(笑)
さて、里ゴマも忘れている訳ではありません。猛暑や渋滞で気が引けていたのですがそろそろ良い時期ですし。
現在の山梨県で北富士や須玉町以外で真面目にゴマシジミの探索をしている人なんて何人いるだろう(笑)
来週あたり「ゴマが採れた!」とここに書けるといいなぁ。。できれば青いやつ(^^)

そういえば前回書き忘れたことが二つほど。
一つは蛹を入手したチャマダラセセリが無事に羽化!初めて見たな~☆
a0235150_22421923.jpg

それとクロシジミ探索時に見つけたホシミスジ異常型。
飛んでるときは「黒に一本白い帯がある変な蝶」に見えて採ってみるとホシミスジでした☆
a0235150_2248728.jpg

ノーマル個体も載せておきます。
a0235150_22483383.jpg

[PR]
by aisutorium | 2013-08-14 22:50 | Comments(0)
更新はしていませんでしたが毎週採集に出かけておりました。毎週そこそこの成果があって
慢性的な展翅板不足に陥っています(^^)
色々と書けていなかったことを思い出しながら書いてみよう…
6月は、、、ギフチョウの幼虫飼育!こちらは無事に蛹になり今は屋外で夏越し中です。
初めての飼育で餌の確保等苦労しましたが希少産地を含む約50匹が蛹になりました!
そしてエノキで袋掛けしていたオオムラサキは無事に羽化。♀でした!
a0235150_211065.jpg

採集では新潟のチョウセンアカシジミが印象的だったなぁ。とってもキレイな蝶でした☆
訪れたポイントでは♀の最盛期で個体数も多くとっても楽しめました。
a0235150_214288.jpg

下旬は福島のキマルリを堪能!こちらも初対面の蝶でとにかく小さいし俊敏な飛翔に戸惑いつつも
しっかりと成果は上がりました。

7月は、、、山梨のクロシジミですね(^^)
今年は少し発生が早かったのか10日過ぎには沢山の個体が見られました。個体変異の中で白化個体は
例年よりも少ない印象でしたが、念願の♀翅表に青がのる個体が3頭も採れた!
a0235150_21153495.jpg

下旬以降はオオゴマシジミ!初めて長野県松本市のポイントを訪れるも採集者の行列状態。。
それでも人のいない場所を歩いてみたりして数頭ですが出会えました!発生初期だったので発生地まで
登れば成果が上がるんでしょうけど。次回は急斜面を登ってみよう(笑)ここではコヒョウモンやコヒオドシ
ツマジロウラジャノメ等普段なかなか目できない種もいて楽しめました。
a0235150_2128357.jpg

そして8月は気合いを入れてオオゴマシジミ!長野県の秘境にてた~くさんの個体と楽しい時間を
過ごしました☆もちろん藪漕ぎしたりよじ登ったりとポイントへ辿り着くのが一苦労の場所ですが
その分オオゴマの楽園となっていました☆
ここまで書いてようやく現在に辿り着いた。8月に狙いたい蝶は沢山あるけどやっぱりゴマシジミは
探索しないとなぁ。山梨県で4カ所探索したい場所があるので来週辺り頑張ってみようかな!
[PR]
by aisutorium | 2013-08-07 21:49 | ゴマシジミ | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆