ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

7~8年前に本格的に探索を始めた頃は自分の好きなタテハチョウやシジミチョウをメインに
地図を片手に環境もよく分からないまま色々と歩き回っていました。
今から思えば当時の探索対象は「普通種」でしたが経験が浅く、数が採れなかったり発生時期を
当てるのが難しかったり、♀が採れなかったりと苦戦も多かった記憶があります。
よく通っていた山梨県ではかつてヒメギフを産したという甘利山がお気に入りで7月頃によく
探索をしていました☆
標高800メートルの看板を過ぎ少し行くと沢へと降りる獣道があってそれを奥までつめると
スジグロチャバネセセリの発生地になっていて、なかなか見つけづらい本種と確実に出会える
ポイントでお気に入りでした!
a0235150_1237546.jpg

ただ数年後にポイントまでの獣道に工事が入り、また藪も茂ってとても入りづらく
なってしまってそれからはご無沙汰になってしまいました。。今でも生息はしていると思うんですが。
さらに標高を上げていくと林道が何本かあってここではヒョウモン類がとにかく多く、そのうちの環境が
良さそうな林道ではメスグロヒョウモンの♀が採りやすい場所があって、さらに林道を進むとキバネセセリ
が豊産しイモ科の白い花に多数が群がっていた(^^)当時キバネセセリはアオバセセリ同様にセセリの
中でも異質なイメージで出会ってみたかったのでこの光景には感動したのでした。
林道の入口付近にはミドリシジミも発生していてなかなか面白い!
a0235150_12485743.jpg

ここから山頂にかけてはヤマキマダラヒカゲやアサギマダラ、クジャクチョウが多く、非常に大型の
ゴイシシジミが発生するポイントもあって探索のし甲斐がある!
ということで久々にこの地を訪れたくなったのでした☆当時は年に何回も通って発生時期を見ながら
探索していたんですが、いずれも最盛期だったり種によっては発生初期で狭い範囲に多くの個体が
溜まっている時期を当てるのがお楽しみ倍増の秘訣かなと思います(^^)
[PR]
by aisutorium | 2014-01-26 13:01 | かつての探索回想 | Comments(0)
今朝チラッとアオスジアゲハの蛹に目をやると1蛹が黒く変色していました。
羽化直前の状態に!よりによって大寒過ぎの一番寒い時期に…。
部屋の気温はエアコンを使わなくても13度を下回ることは稀で、寒いのが苦手な自分は
出勤前に思いっきり部屋を暖めるので目覚めのスイッチが入ってしまったのかなぁ。
a0235150_2273476.jpg

立派な♂が羽化☆ ギフチョウなどは蛹化して短期間冷蔵庫に入れその後暖かい環境に
出しても羽化率は極端に低いと言います。越冬スイッチが入ると一定の期間は解けないと言う。
今回のアオスジアゲハは越冬しつつも2カ月ほどで羽化となりました。
越冬のスイッチ、それが解けるスイッチ、何を感じ取って決まるんだろう!
[PR]
by aisutorium | 2014-01-21 22:16 | 飼育 | Comments(0)
車移動で本格的に各地で蝶の採集を始めたのが2005年だったと思いますが
山梨や神奈川を中心に何の情報もなく手当たり次第に探索していました。
無駄足も多かったですが、意外な発見や環境の見極めなどこの頃の経験がベースとなり今でも
活かされています!
山梨では晩夏から発生するタテハ類やアサマシジミ、ゴマシジミ、クロヒカゲモドキ等の探索を中心に
富士山麓の草原性の蝶やピンポイントでの探索へと変移していきました。
不意に出会う蝶も多くてその中でも好きだったのがオオミスジです☆
a0235150_2272526.jpg

♂は特徴的な翅の形で、♀は大ぶりでカッコイイ!姿を見るのはいつも食草のアンズやスモモの
周辺で、まとまった数が見られることが多いです。初めて出会ったのは韮崎の穴山だったかなぁ。
当時よく通った甘利山山麓でも少なからず見られました。お隣長野県の奈川でもゴマシジミ探索時に
発生末期の本種が沢山舞っている場所がありました。
また塩川ダムから信州峠へ抜ける道中、ゴマシジミのポイントからさら北上したところで良いポイント
を発見したのもこの頃だったなぁ。かつてはゴマシジミも生息していたというこの周辺では
ヒメシロチョウや樹上に舞うムモンアカシジミも見られまた里から深山へ少し行けばゼフやコムラサキが
多い場所もあってなかなか楽しい場所でした!
1番の思い出はゴマシジミ探索中に発見したオオヒカゲですね(^^)
a0235150_22365275.jpg

山梨のオオヒカゲってなかなか「珍」だと思うんですがあまり情報もなく現状が分かりません。。
発見したのは湿地だったので干上がってなければ今でも細々と生息しているハズ!?なんですけどね。
[PR]
by aisutorium | 2014-01-13 22:50 | かつての探索回想 | Comments(0)
昨年末からお預かりして大事に飼育中のルリウラナミシジミですが全ての蛹が羽化しました!
1~3頭目までは♀で、何とか♂のキラッキラな翅表を見たい☆と願い待ち望んでいました。
4頭目が羽化し何となく雰囲気が今までと違うなーと思いつつも明かりの下で見てみると
う~ん、毎度のメスかぁ…。
a0235150_0112389.jpg

でもとてもキレイな個体で。
展翅へ回し入念に位置決めをします。翅を開いて位置決めを。
あれ!?この輝きは☆
角度と明かりの加減で♀だと思い込んでいたものの正真正銘の♂でした(^^)
a0235150_0163068.jpg

小さい蝶ですが輝きは日本産の他の蝶にない質感で感動!
地味な蝶好きな自分でもこれは好みだなー。ちなみに5頭目は♀でした。
と言うことで所有者様、1♂4♀という結果でした!!来月にはお渡し致します。
[PR]
by aisutorium | 2014-01-11 00:28 | Comments(0)
今日も2頭のルリウラナミシジミが羽化しました!先日の1頭目は♀。何とかして♂の勇姿を拝みたい
ところですが本日の1頭目は♀でした~(^^)右側の後翅が少し伸びきらずに若干羽化不全ぎみに。
a0235150_2210235.jpg
a0235150_22111093.jpg

少し時間を置いて2頭目が羽化。
う~んこちらも♀でした。この個体はブルーの面積が広くてなかなかキレイなのですが
生まれつき触角が欠けていました。羽化の時千切れてしまったのかなぁ。
a0235150_22152544.jpg

残りの蛹は2頭!次こそ♂を!
そして友人より展翅の依頼が入りお正月に夏の蝶を展翅しています。南国の蝶からの~北海道の蝶(^^)
自分の大好きな蝶でもあるコヒオドシ。キレイだな~☆
a0235150_22183956.jpg

そしてまだ採集した経験のないオオイチモンジ!
沢山あるので少しずつ。翅裏も美しいです。
展翅はその人の個性がかなり反映される作業ですが、なるべく依頼者の好みに合わせて作成中です。
a0235150_22203252.jpg

オオイチモンジ、自分の手で採集したいなー!
[PR]
by aisutorium | 2014-01-05 22:25 | 飼育 | Comments(2)
昨年より石垣島のルリウラナミシジミの幼虫をお預かりしていて、年末に5頭すべて無事に蛹に
なりました!ルリウラナミと言えば♀は落ち着いた空色のブルー。♂はモルフォチョウを凌駕する
ほどの眩しいブルー☆日本産の蝶の中では他にないカラーを持っている。
ということで何とかして♂の羽化を願っていたのですが、今朝1頭のルリウラナミが羽化して翅を伸ばして
いました!蛹の色が変わりもうそろそろかなーとは思っていたものの羽化の瞬間は逃してしまった。
a0235150_12272746.jpg

以前飼育したクロマダラソテツシジミの時と同様、翅が伸びるのが本当に早い。
そしてなかなかの毛むくじゃら!
a0235150_12292353.jpg

あっという間に翅が伸びてもまだ柔らかく飛ばないので部屋の観葉植物にとまらせてみました(^^)
a0235150_12314058.jpg

a0235150_12323493.jpg

a0235150_12361262.jpg

a0235150_12362619.jpg

翅を開かないのでピンセットでつまんでみると今回は♀でした!
残りの4頭、♂は出るかなー!
a0235150_12364890.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-01-03 12:40 | 飼育 | Comments(0)
明けましておめでとうございます☆
今年もどうぞよろしくお願いします!
新春に何の蝶を貼ろうかなーと考えて…あえてヴィンテージモノ(^^)
60年代 四尾連湖のゴマシジミ
a0235150_13162334.jpg

90年代 正楽寺のゴマシジミ
a0235150_1315280.jpg

ヴィンテージな山梨のゴマシジミ、好きですねー。
ということで今宵は有名人の方に頂いたワインと先日の忘年会でゲットした牛タンのおつまみで
雰囲気だけリッチに年越ししたのでした♪
[PR]
by aisutorium | 2014-01-01 00:10 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆