ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子供の頃からヒオドシチョウが大好きです!世間ではあまり話題になることはないですが
あの燃えるようなオレンジと気まぐれな習性がお気に入り(^^)
成虫採集はなかなか狙って採るのは難しく出会っても敏感で近づくのも一苦労。
なのでここ数年は飼育をしています。発生木は東京で一ヵ所、神奈川県で一ヵ所確認していますが
近場の都内でいつも採集しています。
例年、5月に入ってから採集に行くので幼虫はすでに終齢幼虫であちこちに散らかっており
1頭づつ確保していくのですが、今年はまだ集団でいる状態。とっても楽な採集でした!
苦手な人が見たら発狂しそうな状況(笑)
a0235150_221249.jpg

今年は例年よりも幼虫が多く、いつもは発生しないエノキでも孵化したての幼虫が2卵塊。
今年は当たり年かなぁ。
a0235150_2214186.jpg

飼育できる範囲で採集し鉢植えのエノキに移して様子を見ています。終齢になったら
あちこち逃走するので袋掛けですね。
同じエノキで飼育していたアカボシは4頭が蛹になり既に取り込んであります。
ギフの幼虫も順調にウスバサイシンで育っています!

さて先週は信州のヒメギフか新潟のギフを狙っていたものの仕事と天候の具合で結局行けず。
現地の状況からGWには六日町周辺のギフチョウが適期と思われるので探索を予定しています。
あとは中旬に小出周辺の豪雪地帯のギフ探索。その間に信州のギフも狙いつつ卵採集も
少しできればと思っています♪
4月は希少産地のギフ探索だったので5月は多産地で沢山のギフに出会いたいと思っています!
[PR]
by aisutorium | 2014-04-28 22:31 | 飼育 | Comments(2)
ベランダのエノキで飼育中のアカボシゴマダラですがエノキの新芽が出そろった頃から
活動を開始しすくすくと育ち早くも蛹になっていました!エノキの幼木数本を寄せ植えに
してあるのですが、すぐに食べつくされてしまうんだろうなぁと思っていたら意外と少食で
でもその割にグングン大きくなってあっという間に蛹になっていました!
昨年の秋には30センチほどのエノキの幼木からも幼虫が見つかって、こんな小さい木で
育つのかなぁと思っていましたが、どうも心配はないようです(^^)
a0235150_1925836.jpg

a0235150_19252161.jpg

蛹になる場所も下の方の細い枝で風が吹けば地面にぶつかってしまうんじゃないかと
思うようなところで…。でもこのたくましさがここまで増殖した源なんでしょう。
さて飯田市近郊で入手したギフチョウの卵は無事に孵化し10頭がウスバサイシンに
食いついています!1頭だけ放浪癖がありあまりエサに食いつかないのが心配ですが
1番好きな地域のギフなので、昨年のノウハウをフル活用し大事に飼育したいと思います!
a0235150_1930523.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-04-21 19:33 | 飼育 | Comments(4)
昨年からギフチョウの飼育を始めてみて1番困ったのが餌の確保でした。
シーズン中はギフチョウ採集のついでにエサ取りをしながら飼育していましたが
それでも何度かエサ不足に見舞われてしまいました。そこで産地から少し外れた場所から
少しばかり食草を頂戴して育てて非常食にしています!
今年も早くも飯田市近郊の卵をゲットしたので早速昨年確保したエサが活躍しそうです!
カンアオイは葉数が少なく育てても少しの足しにしかならないですが、庭にカンアオイがあるって
いうのもなかなか飼育心をくすぐられるので大事にしております(^^)
植物の栽培はお手の物!お気に入りの肥料の効果もあって冬の間、たった1枚だった葉が
5枚に!左に見える古葉と比べると新芽のデカさが際立ちます。
a0235150_18391319.jpg

カンアオイよりも圧倒的に葉数が多く代用食になるのがウスバサイシンですね。
飯田市内では完全ウスバサイシン食いのギフもいて黒くて大きいのでこちらで育てるのも
面白いと思います。
ウスバサイシンは気合いを入れてガッツリ栽培!こちらも申し分ないほどの成長ぶり。
a0235150_18454919.jpg

このプランターが現在3鉢。非常食には十分かなと思います!
その他、ウマノスズクサやドロノキ(オオイチモンジ)、デワトネリコ(チョウセンアカシジミ)もあり
今後飼育の幅が広がって行きそうです。今月は毎年恒例になりつつあるヒオドシチョウの飼育を
しようと思っています!
a0235150_18533878.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-04-19 18:54 | 飼育 | Comments(0)
ギフチョウ探索の時に必ずと言っていいほど目にするヒオドシチョウ、テングチョウですが
東京の住宅街でもたま~に目にすることがあります。先日もヒオドシチョウが優雅に自宅の
庭に舞っていました。そして10年程前から見かける機会が増えたテングチョウも自宅の庭で
日向ぼっこ☆庭にはエノキがあるので幼虫が発生してくれないかなと少し期待しています!
a0235150_2231834.jpg

a0235150_2233287.jpg

さて週末は飯田市周辺でのギフ探索。残念ながら天候がイマイチで個体数も少なく数頭のみの
目撃でしたが一番好きな地域のギフなので出会えて良かった(^^)
小さな発生地付近では当日羽化したと思われる個体が。残念ながら羽化不全でした!
a0235150_2275763.jpg

a0235150_228107.jpg

個体数の多い場所はのきなみ採集禁止。採集可能地域はとても少なく、さらに今年は個体数が
少なかったものの交尾個体を発見でき、それに♂が絡むという素敵な光景にも遭遇できました!
卵も採集できたので早くもギフの飼育が始まりそうです(^^)
飯田市周辺の黒いギフ飼育、なんとか羽化まで辿り着きますように。
[PR]
by aisutorium | 2014-04-15 22:24 | ギフチョウ | Comments(2)
今年の春は順調に暖かくなった印象ですが昨年と比べれば桜の開花状況は1週間以上
遅いところが多くて、実際に先週山梨県内を流してみてもギフが飛ぶ辺りでは桜はほとんど
咲いておらず、つぼみが多かったです。同じく先週は愛知のギフも狙ってはいたものの
発生初期で個体が出そろってないと判断して保留にしました。
昨年は気候の関係から太平洋側のギフは一気に発生したところが多かった印象ですが
今年は寒暖のメリハリがあって少しずつ発生しているなという印象です。長く楽しめるものの
最盛期がつかみづらい感じでしょうか。
それでも仲間内からは今年の初ギフのお知らせが何件も届き自分もそろそろ探索に行かないと!
という衝動に駆られ…。色々と考えて初回は山梨での短時間勝負にすることに。
山梨での採集可能地域は先週の状況から発生初期と思われなんとか出会えるだろうと言う思いで。
先週は気温が低く、今週は日中は暑いぐらいですが朝晩は低温で当日羽化の個体も含めて
飛出しは遅いと判断してゆっくりの出発(^^)荒れた山で視界も悪いため遭難対策をしながら
ポイントへ。ミヤマセセリやルリシジミ、キチョウ、タテハ類は多いもののギフは出てきません。
気温が高いので林の中も見て回るが姿なし。時折飛び出すナミアゲハに惑わされ…。
数は少ないポイントながら姿ぐらいは見れるだろうと根気よく歩き回っていると次第に風が
出てきて冬枯れの林を吹き抜けて行く。と同時にギフが風に乗って自分を追い越して行く(笑)
出た!一瞬安堵したもののギフはすぐに樹上に舞い上がってどこかへ。それでも風が緩やかな
場所を見つけその付近をひたすらウロウロ。なかなか出て来ない。。
途中ルリタテハの産卵シーンに見入ってしまったり。しばらくの後またもやギフが自分を
追い抜いて行く。今日ほど後ろに目が付いてればと思った日はないなぁ(^^)
追いかけるも急に自分の方に進路変更してその直後またもや樹上に舞い上がってしまいました。
時刻は昼を過ぎて風はますます強くなってきて陽の当たり方も変わり条件は悪くなる一方で。
的を絞って探索するも再びギフが現れることはなかった。一回もネットを振る機会がなかったのが
悔しくて、でも仕方なく下山を開始。慎重に進路を取り少し歩いては立ち止まり自分の位置を
確認しながら。でもこの作業が思わぬ好転を導いてくれました。
急斜面で立ち止まり「こっちから来たっけ?」と考えていると目の前に黄色い蝶が舞い降りた!?
木漏れ日の下で一瞬キチョウに見えたものの開翅した翅はダンダラ模様☆ギフチョウ!
慌ててネットを引っ張り出してそっと被せる。
疲労はすっかり消えあれほど邪魔だった風が心地いい☆素晴らしい!
a0235150_22182816.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-04-09 22:27 | ギフチョウ | Comments(2)
東京ではソメイヨシノが満開になって越冬タテハやモンシロチョウが目につくようになってきました!
ベランダのエノキも気が付けば新芽を出し始めてその存在感を徐々に増してきています。
昨年の秋に庭の鉢植えのエノキや近所の公園などでアカボシゴマダラの幼虫を採集して
このエノキに確か8頭ぐらいくっつけておいたのですが落葉期に姿が見えなくなり植木鉢の中の
落ち葉にも1頭もいなかったので鳥に食われたのか強風で落ち葉ごと飛ばされたのか…と思って
いたのですが、ふと新芽の出たエノキを見ると幹にアカボシの幼虫が!
どこに隠れていたんだろう。。枝が二股に分かれているところに2頭づつ、合計4頭の幼虫が
確認できました!
a0235150_10205568.jpg

a0235150_1021758.jpg

ギフの飼育も終わり、こちらは放任ですがアカボシを見守っていこうと思います!
昨年同様に袋掛けでのヒオドシチョウの飼育もしたいなぁ。
[PR]
by aisutorium | 2014-04-02 10:24 | 飼育 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆