ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

結局7月後半は忙しく、行きたい場所はあったものの出かけられませんでした。
ただ8月は良い蝶がたくさん発生する時期なので飛ばしていきたいと思っています(^^)

既に発生している蝶ではオオゴマシジミですね。白骨~安房辺りは昨年訪れましたが
発生が早い場所なので良い時期なのではないでしょうか。林道を歩いているだけでもオオゴマ
との出会いはあるものの、有名ポイントなので採集、撮影の方で行列ができておりますが。。
周辺に静かなポイントもあるようですが熊の多産地でもあり単独での探索は少し不安なところ。
ただここのオオゴマは翅裏の白がはっきりしていて綺麗な個体なので裏展もしておきたい!

あと外せないのがゴマシジミですね。山梨県でも山ゴマタイプの産地ではすでに発生が
始まっていると思われます。ただ今年は全般的に各種発生が早い傾向があったものの
オオゴマやオオムラサキ、クロシジミをはじめ夏の蝶では発生が遅れている蝶もいて発生時期の
読みに少し注意が必要かと思われます。ゴマシジミ、山梨県内で5~6か所回る予定です。
どれも超希少ポイントですが1頭でも出会えれば!この内1ヶ所は青ゴマポイントで、奇跡を信じて
探索する予定です(^^)
その他、ムモンアカ、オナガシジミ、8月発生のミドリシジミ、高山蝶等々を探索いたします。

a0235150_2056175.jpg

今年、本栖高原で採集したウラゴマダラシジミです。黒いです。
後翅の青は完全に消失し、前翅の白紋も出ていないので印象がかなり違って見えます!
今まで黒化型は神奈川県で採集してしましたが、本栖高原の個体の方が黒化が激しく
また黒化個体の出現率も圧倒的に多かったです!

関係ないですがベランダで採集したスカシカギバ。蛾には蝶にはない魅力があります☆
a0235150_2141399.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-07-31 21:10 | Comments(0)
この連休は信州でオイシイ思いをする予定でしたが微妙すぎる天候なので自宅におります。
しかも天候が回復しそうな月曜日は仕事が入り来週は「秘技、平日探索!」も出来そうにないので
少々消化不良気味な一週間になりそうです。。
この週末は展翅作業と来週以降の探索計画でも模索することにします!

さて先週末のお話ですがしっかりと蝶探索に行って来ました。茅野市~諏訪市を何カ所か探索。
まずはアサマシジミを探すことに。道端で採れるポイントへ行くと♂♀共に新鮮な個体がポツポツ
飛び出してきます。ヒメシジミも多いものの比較的アサマの割合が高いポイントだと思います。
a0235150_12513640.jpg

ここではコキマダラセセリが多く、ナミヒョウモンも出始めていました。
a0235150_12535499.jpg

1往復して別のポイントへ移動。ここではうじゃうじゃとヒメシジミがいるだけでしたが草地の脇の林では
ウラジャノメが発生していました。早々に次のポイントへ移動。こちらもヒメシジミが多いものの
アサマシジミも混じっていました。現れたのは新鮮な♂が数頭のみだったのでここでは出始めたばかり
のようです。ヒメシジミの集団が何カ所かで見られました。
a0235150_12592438.jpg

ヒメシジミも個体差があって面白い(^^)こちらも♀はほとんど未発生。
a0235150_131374.jpg

ナミヒョウモンやウラジャノメ、ヒオドシチョウも見られました。カシワが結構目についたので
叩いてみるもゼフは飛び出しません。飛び出したのはムラサキシジミだけ…。
移動しさらに標高を上げ草原と林の境を歩いてみる。ここにもアサマシジミは生息しているもののまだ
未発生のようでした。新鮮なヤマキマダラヒカゲ♀を採集。ウラゴマダラシジミやカシワの樹幹を飛ぶ
ゼフが1頭いたものの遠すぎて確認できず。ここでもヒオドシチョウが。今年はテングチョウが大発生
していますがヒオドシチョウもやたら目にする機会が多い!
a0235150_13131699.jpg

道中、車で移動中に獣が横切ったので確認するとキツネの親子がおりました。
警戒心は強いものの観光地周辺では残飯が貴重な栄養源なんでしょうか。
a0235150_13342356.jpg

a0235150_13355398.jpg

また動画を少々。


さてこの後、山梨へ移動し韮崎市周辺の実績のある場所でクロヒカゲモドキを探索したものの姿なし!
もう3~4年ぐらい見てないけどいなくなってしまったのかなぁ。
樹液の出ているクヌギにはオオムラサキが群れていました。
a0235150_14163248.jpg

薄暗い雑木林を歩いていると幹にとまるミズイロオナガシジミが!どうやら産卵しているようです。
枝先に産むのかなと思ってましたが、目線の高さの太い幹にも産卵するのかぁ。
a0235150_14174871.jpg

そして最近興味津々のカトカラ関係を堪能し帰路につきました。
a0235150_142705.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-07-19 14:34 | Comments(3)
今週の前半に「秘技平日探索!」に行ってまいりました!
また山梨の各地を3カ所ほど。まずは甲州市の大和町の林道へ。ヒョウモン類を中心に
結構蝶が飛んでいました。狙っていたミスジチョウは良く見かけたものの完品の♀には
お目にかかれなかった。。新鮮なヤマキマダラヒカゲを採集しながら標高を上げ、ゼフの時間帯なので
注意しながら進むもメスアカミドリシジミ♂に数頭出会っただけでした。
さらに標高を上げ、開けた草原ではギンボシヒョウモン、ギンイチモンジセセリ、出始めのウラジャノメ
ヒオドシチョウ等が楽しませてくれました!
a0235150_1812930.jpg

山を下り始めると何か動物が動いた気がしたのでゆっくり近づいてみると…
なんと猫(^^)
しかしかなりの深山で近くに集落もない場所での猫とのご対面はなんだか違和感が大きい。
こちらに驚いて山の斜面を軽快に駆け降りる姿は野生そのものでした(^^)
a0235150_181636100.jpg


次に山梨市~甲府市の林道へ行きゼフを狙う。時間帯は昼を過ぎて微妙でしたが数が多い
ピンポイントでの探索なら大丈夫だと思い、しばし樹上を眺めていると数頭のアイノミドリシジミが
卍をやっておりました!鮮度も良くキレイ。少し場所を変えウラゴマダラシジミのポイントへ行くと
少ないながら飛んでいました。先日の富士山麓の個体よりは黒くないもののやや黒化した♂。
道中、どこにいってもテングチョウが多く今年はテングの当たり年だなぁと思っていたら
砂地に群れるテングチョウを発見し思わず動画撮影してしまいました(^^)


最後に笛吹川でホソオチョウ探し。ここでのホソオ探しは初めてでしたがすぐに見つけられました!
キレイな個体は少なかったものの♀にも結構出会えて良かった!どこにでもいると思いきや
食草の周辺に固執して飛んでいました。
a0235150_1852141.jpg

その他オオチャバネセセリやミヤマチャバネセセリもいたものの鮮度は微妙でした。
[PR]
by aisutorium | 2014-07-11 18:54 | Comments(3)
先週末は知人の採集案内で山梨県各地を回ってきました!山梨と言えば一昔前1年を通して
よく通ったフィールドで各種ポイントはある程度把握しているつもり。ただ数年ぶりに訪れる
場所もあって環境が変わってしまっているかも!?という不安な場所もいくつか。
まずは甲州市のツマジロウラジャノメを狙い3~4カ所回るも天候が微妙で他の蝶も飛んでない
状況。。早々に諦めて標高を下げてアサマシジミを探すことに。ここは点のポイントが散らばっている
場所で小雨の中ピンポイントで探索し数頭発見できました。時期的には♀の時期で♂は発見できず。
近くで採集者を数名見かけたのでアサマ狙いかな?
次に北杜市のアサマも見に行ってみる。こちらは♂♀共に新鮮個体が多いものの雨の後で下草は
グッショリと濡れていてネットが使えない状況でした。幸いアサマは不活発なのでピンセット採集に
切り替え鮮度を落とすことなく新鮮個体を得ることができました!
道中クロヒカゲモドキやオオムラサキのポイントに立ち寄るも未発生のようでした。ここでは巨大な
キチョウをゲット。スジボソヤマキかと思うほどのデカイ♀でした(^^)こういうの嬉しい!
次に南アルプス前衛の山へ!ここは良く通った場所で過去の実績に基づいて探索。
まずスジグロチャバネセセリやミドリシジミのポイントへ立ち寄るも未発生のようでした。ただ環境は
当時のままで時期を変えれば必ず会えるはず!
次に各種ヒョウモンやスミナガシが多い林道に行くも綺麗に舗装されてしまっていて、さらに木も茂り
花が多かった斜面も工事され蝶自体の数がだいぶ減ってしまっていました…。残念!
さらに標高を上げ、ウラジャノメやゴイシシジミのポイントへ行くもウラジャノメは未発生、ゴイシのポイントも
環境が悪化し1頭も見つけられませんでした。。

消化不良なので富士山麓へ移動!!
まずは期待していたクモガタヒョウモンですが車を降りた場所にとまっていて早々に目標達成(^^)
ただクモガタヒョウモンの良い時期は他のヒョウモン類がほとんど未発生で飛んでいるヒョウモンの
ほとんどがクモガタヒョウモンなのですが、少し時期が遅かったのかウラギンヒョウモンが多く
とても探しづらい。結局最初の1頭だけでその後は発見できず。ギンイチモンジセセリも新鮮個体は
発見できませんでした。ただヒメシジミは多くこの地域に多い後翅の斑紋が繋がる個体もいました!
さらにコキマダラセセリや出始めのナミヒョウモンも見られました。
1番の収穫はウラゴマダラシジミですね。♂の最盛期で♀の羽化を待つ♂がイボタの周辺をたくさん
飛んでおりました。ウラゴ大好きなので何頭かネットインしているとなかなか黒化していることに
気付きました!ウラゴの黒化と言えば神奈川の平塚周辺やマイポイントである伊勢原市がありますが
ここのウラゴが最も黒いなと言う印象。後翅が完全に黒化する個体の頻度も高く個人的にとても興奮
しておりました(^^)50~60頭は飛んでいたと思いますがその中でネットインした個体は全て♂。
これだけ狭い範囲に群れているのは♀が発生するまでの短い間なので遭遇できて嬉しいものの
♀も発見できればなお良かったかなぁ。まぁ贅沢ですね。
a0235150_2023799.jpg

[PR]
by aisutorium | 2014-07-06 20:36 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆