ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本日はお休み。
エアコンをガンガンに効かせて湿気をやっつけてから標本整理をしておりました。
なんだかんだ今年も沢山お持ち帰りしたので結構大変。半日ぐらいやっていたでしょうか…。
でもこれでやっと今年の分と来年狙うであろう種が入るスペースをある程度確保できました。

さてそんな最中、クロヒカゲモドキ♀が羽化!7月に飼育を開始してから2ヶ月。長かったなぁ。
a0235150_19413630.jpg

a0235150_19414621.jpg

a0235150_19415790.jpg

生体を見るのは5年ぶりぐらいです(^^)
ところがサイズが小さい。ちょっと大きなツマジロぐらいでしょうか。
もっとも成長が良かった個体なので野外サイズを確信していたんですが…。さらに他の個体はと言うと
前蛹で死んでしまったり蛹化に失敗したりが続出してどんどん数が減って行く(*_*)

やはり年1化の蝶なのでそのサイクルに乗せてあげないと少し無理があるのかもしれません。
オオムラサキも飼育下では2化が出るそうですがサイズはずいぶんと小さくなるようだし。
なので今回は蛹化する体力を蓄えきれなかったのかもしれません。越冬個体ならば春の新芽を十分に
食べて育つことができますが、この時期だと成長しきった葉になるので栄養分ではかないません。

なので晩秋に採卵して野外で飼育し越冬幼虫を作ってやるのが最良なのかもしれないですねぇ。
まぁ何事も経験ですから次の機会に活かしましょう!
[PR]
by aisutorium | 2016-09-20 19:58 | 飼育 | Comments(4)
今年の採集品を展翅から外して箱へ納める作業をしていたんですが、やはりと言うか箱が足りない(*_*)
多少は買い足したんですが標本箱って高いでしょ…。なんとか整理をして来シーズン用のギフチョウの
野外品と飼育分の入るスペースは確保。今週の虫フェアで買うであろう分のスペースも確保。

ところが展翅板に乗っているベニヒカゲの行き場がなく悩んでおりました(来年もまた行くだろうし…)。
以前格安で入手した標本箱があるんですが塗装がハゲハゲでお気に入りの蝶を入れる気にならず雑多な
ものを入れていました。今回それをリペイントして昇格させてみました(^^)
マスキングをしてヤスリで表面を軽く削ってならしたところ。
a0235150_1950373.jpg

どんな扱いをすればこうなるんだってほどヒドイ!
a0235150_19501365.jpg

箱自体の閉まりとかは問題なしなので塗装さえ綺麗なら良い感じになりそう。
今回は手元にあったフローリング用の水性塗料を使用することにしました。タフそうだしタダだし。
半艶なのでもうちょい艶が欲しいところだけど見栄えはだいぶ良くなったでしょ!?
ところどころムラはあるけど細かいことは気にしな~い。お天気の日にベニヒカゲを並べましょうかね☆
a0235150_19565753.jpg

[PR]
by aisutorium | 2016-09-19 20:03 | Comments(0)
ご無沙汰してしまいました…(^^)
毎年のことですが8月が終わると一気にトーンダウンです。

ベニヒカゲ以来、出かけることもなく飼育のお世話や展翅外しなんかをしておりました。
飼育状況としては、オオムラサキは概ね順調に育っています。現在、推定3令~4令幼虫を
まとめて袋掛けした鉢植えのエノキに付けています。

しばらく地植えのエノキに袋掛けしていたグループの幼虫は新芽の割合が少なかったからか成長がやや遅い。
成長の早い新芽組は少しでも秋に羽化してくれないかと期待してるんですがねぇ。

クロヒカゲモドキはよーーやく終齢になり少しづつ蛹になり始めました。どうやら全てこの秋に羽化しそう!
a0235150_09175124.jpg
この夏の暑さで?脱落者を出してしまいましたが、比較的タフに成長してくれました(成長速度は超遅いけど…)
ところがツマジロやウラナミジャノメと違いプラケースの側面で蛹化する個体が多く、無理な姿勢のまま脱皮して
タッパーにひっ付いてしまう個体がいくつか。死んではいないようですが無事に羽化できそうもない…。
見つけ次第角度を変えて干渉しないようにしてやる必要がありそう。
まぁ初めて飼育する種は失敗しながら勉強していくものですから、数頭でも無事に羽化してくれればOK!

母蝶より産卵させたベニヒカゲは15卵ほど産んでくれましたが孵化したのは10卵ぐらい。屋外はさすがに
高温になりすぎるので室内で飼育していましたが、日中はどうしても30度以上になってしまいそれが災いしてか
小さな食痕をわずかに確認しただけで現在は幼虫の姿が確認できません…。
食草が悪かった可能性もありますがやはり高温にさらしてしまったのが悪かったような気がします。
来年はもう少し対策をしてもう一度白化傾向の母蝶に産ませてみようと思います。

絵的に寂しいのでゴマシジミの画像でも貼っておきましょう。
こいつもお取扱いがわずらわしい種になってしまいましたねぇ。。
a0235150_09430789.jpg

[PR]
by aisutorium | 2016-09-13 09:50 | 飼育 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆