ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

ベランダで蛹化した7つのツマグロヒョウモンの蛹は全て無事に羽化しました。
しかし、全て早朝か仕事中に羽化したらしく、肝心のシーンは観察できませんでした…。
タテハ類の羽化はゴマダラチョウしか観察したことがないなぁ。
逆さ吊りの蛹からの羽化、結構好きなんだけど。。

3つほど室内に取り込んでジックリ観察しようと企んでいたのですが、朝起きたらすでに翅は伸びて
「早くここから出せ」とばかりにバサバサしていました。


こちらの羽化シーンは見れるかなぁ。
a0235150_22133394.jpg

[PR]
# by aisutorium | 2011-10-16 22:14 | 飼育 | Comments(0)
今日の東京地方は雨のち曇の予報で、山梨方面も曇かなぁと思っていたのですが
最新の予報で晴マークが出ていたので、この秋二度目の河川敷へ。

今まで秋の蝶を探して来なかったので、探したい蝶がたくさんいて目移りしてしまうなぁ。
「どれにしようかな~」と迷っている時は中途半端に終わってしまう私。
そんな緩い気持ちで探索して来ました。
しかしこの季節は、夏にヒィヒィ言いながら汗だくになっていた時とは違ってなんとも爽やかで
散歩気分でした。まずは前回見つけた笛吹市のクロツを見に行くことに。

…の前に対岸を歩いてみることに。クロツはいませんでしたが、秋の蝶がたくさん。

キタキチョウを逆光で
a0235150_20354217.jpg

ウラナミシジミも増えていました。産卵行動のみで産卵はしていないようです
a0235150_2041390.jpg

キタテハ
a0235150_20425415.jpg


クロツのポイントへ行くと前回よりもかなり個体数が増えていました!

さっそくお出迎え
a0235150_20452726.jpg

こんな風景がよく似合うなぁ
a0235150_20473270.jpg

青い鱗粉は僅か
a0235150_20493379.jpg

吸蜜
a0235150_2051463.jpg

産卵行動を取るも卵はなし…
a0235150_2053150.jpg


次にミヤマシジミを探しに甲府市周辺に移動しウロウロするも台風の爪痕ばかり目立って
見つかりませんでした。
[PR]
# by aisutorium | 2011-10-06 21:01 | Comments(0)
ベランダの植物の水が切れて、しなしな~となっていたので
慌てて水をあげていると幼虫のフンが沢山落ちていました。

シンビジウムの根元にはびっしりとスミレが生えていたから…、アイツだな!と思い
見渡してみるとやっぱり、ツマグロヒョウモンの蛹が4つもくっ付いてる。

ドアの冊子にも蛹と蛹化してる個体が。
そして蛹になる場所を探し中の終齢幼虫がひとつモゾモゾしておりました。

この1鉢でこれだけの幼虫を養っていたのかぁ、おかげでスミレは丸坊主ですけど。。
東京では12月でも温かい日には飛んでいるぐらいなので、しばらくはベランダで観察できそうです。

ツマグロヒョウモン、1998年の8月に長野県の野尻湖周辺で目撃して「ここにもいるんだ」と
珍しがった記憶があるのですが、当時はどの辺まで北上していたのかなぁ。
東京では少しずつ見慣れた蝶になりつつあった頃だったと記憶していますが。

ところで信州の夏といえばミドリシジミの大乱舞を思い出します。
たまたま入った湿地にハンノキが生えていて、10頭ぐらいの卍飛翔が数カ所で繰り広げられていたのですが
その塊がいつしか1つになって途方もない大卍飛翔になったのでした。
素晴らしい光景でした。10年ぐらい前の話ですが今でも健在かなぁ。
またいつか訪れてみたい秘境です。
a0235150_21354135.jpg

a0235150_21362092.jpg

[PR]
# by aisutorium | 2011-09-27 21:39 | Comments(0)
この三連休はどこも渋滞がひどいようですね。
私は仕事なので関係ないのですが、こうも晴天が続くとフィールドに出たくてウズウズしてきます。

仕方なくネットで情報収集したり、過去の写真を整理したりしていました。

その中でお気に入りの一枚。
a0235150_2148235.jpg


甲府市のアサマシジミです。
2009年7月5日撮影。
ここの産地、2006年だったかに初めて訪れた時はそこらじゅう沢山飛んでいて、アサマシジミが普通種に
思えてしまうほどでしたが、それ以降パタリとその姿を消したのでした。

2009年に訪れた時は、散々探したのですが画像の交尾個体以外は見られませんでした。
環境の変化と言えば「食草が減ったなぁ」とは思ったのですが。。

それ以降訪れてないのですが、ゴマシジミのように絶えてしまったのかなぁ。
a0235150_21594262.jpg

[PR]
# by aisutorium | 2011-09-24 22:01 | Comments(0)
未だに頭からゴマシジミが離れないのですが、さすがに季節は進んでいます。
今年こそは秋の蝶を真剣に探してみよう!と思いまして、手始めに2種をピックアップしました。

クロツバメシジミとミヤマシジミです。

何年も蝶を追いかけてますが、この2種は未だにに未見の種でして気になってはいたのですが
前回書いたようにゴマシジミの季節が終わると急に力が抜けて、真剣に探して来なかったんですね。

どちらも秋に向けてその個体数を増やすようです。

しかしながらポイントなど知らないので自力で探すしかありません。
どちらも河川敷が定番のようですが、ある程度大まかな範囲を絞ってあとは足で探そうと思いました。

ピンポイントを聞いて、実際行ってみて言われた通りその種がいても感動は少ないですからねぇ。
まずは笛吹市のクロツバメシジミから探すことにします。いつもは通過するだけでしたが初上陸です。
なかなかツメレンゲが見つからず、飛び出すのはヤマトシジミかツバメシジミばかり。
結局最初に立ち寄った場所の近くの岩場に群生しているのを発見しすぐに数頭を確認しました。
クロツバメシジミ、その地味さは想像以上でした…。

食草のツメレンゲ
a0235150_21375040.jpg


なかなかツメレンゲには止まってくれない…
a0235150_21394185.jpg


夕方で日陰になると容易く開翅しますが、スレた個体でした
a0235150_2141261.jpg


今回は数頭のみで個体数は少なかったんですがもう一度来てみようと思います。


次に山梨市の河川敷に移動してミヤマシジミを探すも、予想していた環境と少し違う感じで
結局見つけられませんでした。
ウロウロしているとツメレンゲが生えている場所があったのですがクロツはおりませんでした。
その近くの耕作地でワレモコウが沢山生えている斜面があって、これは!とまたゴマシジミ病が
再発したのでした。
山梨市のゴマシジミ、数年前に軽く探したことがあって結局は見つからなかったのですが
意外と盲点のこんな場所にいたりして?まぁ、ただの妄想です。
[PR]
# by aisutorium | 2011-09-16 22:09 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆