ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

秋は都会の蝶が増える時期 ~蝶との付き合い方を考える~

昨日は展翅をしたり標本整理をしたりゆっくりと過ごしました。
庭に出てみると沢山の蝶が飛び交っておりました!
ナミアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、キタキチョウ、アカタテハ、ツマグロヒョウモン
コミスジ、アカボシゴマダラ、ナミヒカゲ、ヒメジャノメ、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリ
チャバネセセリ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ムラサキシジミ、ウラナミシジミ。
さらにユリの葉にルリタテハの幼虫を発見!先日も1頭見つけたんですが、どこに隠れていたのか
もう1頭いたんですねぇ(^^)
a0235150_943854.jpg

住宅街ではなかなか見かける機会がない蝶で子供の頃は憧れの蝶でした。それでも秋になると
カキの実に来ている個体がたまにいて1年に1~2頭ぐらい採集していたかなぁ。
そんなルリタテハの幼虫、取り込んで飼育してみることに!

さてこのブログも4年目。毎年少しずつは進化して探索内容も濃くなっていると思うし、昨年からは
「BUTTERFLY BRINGS☆な会」を作りメンバーとの情報の共有、探索でのギブ&テイクを徹底し
沢山の成果を上げることができましたが、さらに新しい企画として蝶の採集・観察記録をつけてみようかなと
思っています。日付、場所、発生状況等を時系列で年間を通して1つのページに書き込んでいき
閲覧可能な状態にしておく。
メインで探索した蝶以外に目撃した蝶の状況等も書き込むことでデータとして価値あるものになると
思っています。自分だけではなく情報の提供があればさらに良いですね。

最近では情報の二極化というか、オープンな情報がある一方で情報のクローズ化も進んでいると
思います。2000年代はネットでの情報発信は多く情報収集もある程度できました。時期を同じくして
団塊の世代が退職を迎える時期でもありフィールドに出る人口も増えると共に摩擦も増えた時期だと
思います。その後詳細な情報発信は徐々に減り、少ない情報で一気に人が動く状況ができ摩擦は
更に増えここ数年の立ち入り禁止や採集禁止の話が出ていることに少しは関係していると思います。
現在60代~70代の蝶屋の方々が現役を退き世代が代わる頃には、採集禁止だの保護だのという
話題すら減ってそういった事に興味を持つ人も少なくなって空白の期間がやってくると思います。
そうなってからが蝶が適切に守られるかいなくなってしまうかの本当の分かれ道になるはずです。

と色々書きましたがまだまだ蝶に接する良い環境は沢山残されています。自分の原点は楽しく
採集、撮影、観察することなのでそれをシェアできればという思いもあります。記録に残す場合
市町村レベル、また書き込みを後出しにすることであくまで蝶を楽しむ目安として活用する場に
なればと思っています。まぁもう少し検討してからですけどね。
[PR]
by aisutorium | 2014-09-07 11:33 | 庭の蝶 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆