ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

チョウアカと庭の蝶

愛用のオリンパスのコンパクトデジカメが壊れて以来、むかーし使っていたキャノンのデジカメで
しのいでいたんですが、スペックダウンすると全く撮る気が起きないのと、前回クマさんをちゃんと
撮れなかった悔しさもあって、デジカメを新調しました!

今回も気軽に使えるコンパクトデジカメをと言うことでオリンパスSH-60にしました。
それにしても一昔前と違ってコンパクトデジカメって少なくなりましたねぇ。1件目のお店では
全く取り扱いがなくて拍子抜けしてしまいました。

庭で試し撮り。なかなか良い感じです!
a0235150_20223786.jpg

少し前までサトキマダラヒカゲが飛び回ってたんですが、ここ数日ナミヒカゲが飛び回っております。
ナミヒカゲは自分が子供の頃は庭でほとんど見ることがない珍品で見かけたのは10年間でせいぜい
3~4回ぐらいだったと思いますが、ここ10年でじわじわと増えて今では夕方になると3~4頭が
慌ただしく飛び回っています。
a0235150_2032165.jpg

こんな東京の住宅街でも栄枯盛衰があってナミヒカゲ、コミスジ、ツマキチョウ、テングチョウは
明らかに増えていますが、ゴマダラチョウやダイミョウセセリはかなり減少してしまいました。
環境の変化は特になくとも、気候や天敵の影響もあるかと思います。

さて5月の高温でギフは一気に終わってしまい、気になっていた新潟のチョウセンアカシジミも
今年は5月末には発生が始まっていたようです。
a0235150_20463240.jpg

この蝶は一気に発生してすぐ終わってしまうので慌てて出撃。当日は土砂降りの悪天候でしたが
ポイントにいた数十分間だけ雨が止むという奇跡が(^^)
ここは個体数が多く下草には無数のチョウアカ。トネリコを見上げるとオレンジが沢山!
そこへ1羽の鳥が飛んで来てトネリコに止まった瞬間、紙吹雪のようにチョウアカが飛び出した光景は
なんとも言えぬ感動が!
a0235150_20542194.jpg

チョウアカ探索は普通は何カ所か回ってトネリコや周辺にある栗の木を叩いてみる方法が一般的かと
思いますが、いづれも人家や畑に密接しているためか近年トラブルも多いようです。
人家の庭や畑内に侵入する者もいるという話もあって昨年は県道沿いでやっていても怒鳴られたという
話もあるので探索には十分配慮が必要かと思います。

人家周辺ゆえにこういった事情があるのは十分に理解できるんですが場所によっては「蝶を保護しています」
とか「ここは採集禁止です」とか…。またその手法できますか (笑)
放蝶じゃんか、、、と言うのは置いといて、何でもっとストレートに「畑や敷地内に立ち入られて迷惑です
蝶目的の人はお引き取り下さい」と意思表示しないんだろう。中途半端にオブラートに包んだ物言いを
するから条例も無いのに!とか放蝶だから!と言って人が来るんですよ。

保護していたはず?なのに数年後に発生木が全て伐採されるとかめちゃくちゃなこともあるし
変に保護だどうたらじゃなくて、「ほんと迷惑してるから来るな!」の看板が1番だと思いますがね。
日本人的な「察してくれ」的な対応でのらりくらりだからすぐにボロが出てややこしくなるのに。
情報がいくらでもあって一極集中が起きやすい時代で、さらにここ数年リタイヤ世代が一気にフィールドに
出てドヤドヤやっているからこそ意思表示ははっきりした方が良いです。
[PR]
by aisutorium | 2015-06-11 22:08 | 庭の蝶 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆