ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

オオゴマファイト!

オオゴマの季節です。
ここ数年は狙って採ることもなく静観しておりましたが
久々にファイトしてきました(^^)

信州北部の山深い地域。
単独だと結構心細い地域ですが突っ込んできました。

まずは1本目の沢。
a0235150_21510470.jpg
食草は所々にあるものの好んで飛びそうな明るい空間が少ない。
もっと上流部までつめれば可能性はありそうですが足場も悪く引き返すことに。
ゼフがパラパラ飛んでいたので少し確保。アイノミドリ♂っぽい。

2本目の沢。
かつて採集したことがあるものの草木が伸びて環境は悪化しております。
他の採集の方がいましたが目撃もなしとのこと。個体数がかなり少ないと判断して
上流までつめることに。
a0235150_21474637.jpg
しばらくこんなところを藪漕ぎです。クマとマムシの恐怖にビクビクしながら直登します。
ようやく明るい空間に到達!乱舞が待っているはずでしたが、、超少ない!
環境は良好ながらとにかく少ないのです。
発生初期かと思いきやスレた個体多し。1♀確認。
う~ん、不作なのだろうか。。これからもうひと山発生のピークがあるような気もしますが。

オオゴマ久しぶりだなぁ~
a0235150_21575465.jpg
その後は林道沿いなんかで食草の生える斜面をチェックするもおりません。

途中ネムノキをチェック。
数頭来ていたミヤマカラスは破損個体。
a0235150_22020446.jpg
サル御一行様が食事中でした(^^)
a0235150_22021302.jpg
ウロウロしつつ周辺に食草が多い林道へ分け入ってみるも
ちょっと雰囲気が違うかなぁという感じ。
とりあえず下草をバシバシしてみるとゼフがたまに飛び出します!
鮮度の良いフツーのミドリが♂♀結構いる。
a0235150_22150161.jpg
1頭雰囲気の違う個体がいて、たぶんアイノミドリ♀と思われます(たぶんね)
♀は初採集!フツーのミドリとは翅形と斑紋が若干違いました。
a0235150_22143928.jpg
さらに、やや高い位置をバシバシするとまたゼフが飛び出しました。
今度は何かな~と確認するとウラクロシジミ♀!
♀は初採集(^^)もう1頭飛翔個体がいたのでポイントなのでしょう!
a0235150_22183322.jpg
狭い範囲になぜか色んなゼフが潜んでいます。
さらにもう1頭黒っぽいのが飛んだ!
ゼフの♀だろうな~と思いつつ確認すると、、
a0235150_22200421.jpg
フジミドリ♀!! 自己初採集種でございますよ(^^)
確かにブナの大木などもあり良い生息地なのでしょう。

さらにバシバシやっていると黒い飛翔体が目の前に。
長竿でネットイン! スミナガシ!
a0235150_22275532.jpg
気を良くしてもう少し林道を進んだところで藪の中から大型哺乳類が逃げ去るガサガサ音が。。
姿が見えないのが逆に怖い(*_*) ビビりなので舗装道路まで引き換えしました。

すると道路に給水に来ているミヤマカラスが!
慎重にネットイン。美しい夏型♂。
a0235150_22293495.jpg
a0235150_22294424.jpg
さらにアザミにてコキマダラセセリ♀もネットイン。
a0235150_22295359.jpg
いやぁ~なんだか良い蝶がまんべんなく採れて良い感じ(^^)
もう1本ぐらい沢を攻めたかったけど体力的にキツかったのと
ガサガサ音が怖いのでこれにて終了にいたしました。

オオゴマに関しては気になる斜面と沢が各1ヶ所づつあって
突っ込んでみたいんですが、アプローチ的に1人ではちょっとな感じの場所なので
またの機会にでも。



[PR]
by aisutorium | 2018-07-28 22:55 | Comments(2)
Commented by ひかり at 2018-07-29 13:39 x
各種五目採りおめでとうございます!個人的にはフジとアイノが羨ましいです。獣と近接する怖さ、私もサルの群れとクマ(今年も遠目に見つけました)で味わっています。オオゴマは岐阜の奥地まで行かないといけないので、高嶺の花です。
Commented by aisutorium at 2018-07-29 16:49
どうもです!思いがけず色んな蝶と出会えて楽しい採集となりました。フジは別格な感じです(^^)久々の初採集種に歓喜!オオゴマ、良い思いをするハズがちょっと残念な個体数と鮮度でした。岐阜の奥地はまぁまぁ採れるようですがライバルはかなり多いようで。。オオゴマ生息地はどこもクマさんの庭ですからね、、沢登りもあと一歩をためらってしまいます。

by BUTTERFLY BRINGS☆