人気ブログランキング |
ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

ギフチョウ2化を標本箱へ

まだまだ寒いですが少しづつ昼間の時間が伸びて
17時でも明るくなってきましたねぇ。
あと2ヶ月もすればギフチョウが舞い始めると思うと
気分も上向きになってきます(^^)

さて昨年秋に羽化させたギフチョウ2化を展翅から外しました。
新潟県の何の変哲もない低地産です。
a0235150_16220771.jpg
まぁ2化を作りたかった訳ではないんですけどね。
結果的にナチュラルな個体が羽化してくれましたが。。

同産地♀は全個体が前翅後翅ともに煮しめたような色に。
まっ黄黄でございます。
a0235150_16221824.jpg
三重県の累代モノは変顔が羽化(^^)
a0235150_16222745.jpg
野外品とはまた違うなんだかよく分からないお顔です。。

2化の場合、羽化率は60 ~70%、羽化不全も多いのでこのように
標本として耐えうる個体は50%以下。
効率はとっても悪い飼育なんですねぇ。

展翅を外す際、展翅板に翅がくっ付いていて破れるということが多発しました。
飼育モノの場合、軽微な翅の傷や展翅の際に針で出来た傷などから
体液が出やすく、それが乾燥してこのような事態に。
数日冷蔵庫に入れておけばマシなんでしょうけど
その場合オシッコで後翅が汚れるのが嫌なのです。


by aisutorium | 2019-01-20 16:43 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆