ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

カテゴリ:未分類( 123 )

オオゴマは人気ですね(^^)
ありがたいことに何名かから採集のお誘いをいただき
都合が合った日に行ってまいりました。

今回は最近人が多いらしい秋山郷へ。
ずいぶん前に出向いたときは良好な環境もあり個体数も多く舗装道路上でも
飛んでいたものですが、今は各生息地の環境は悪化し当時の1~2割程度の個体数。
媒体に載っているような場所も見てみましたがのきなみダメ!

沢や斜面をつめるガッツがあれば良い場所もあるのかもしれませんが
気軽にとなるとなかなか難しいと思います。

そういった状況からハイリスクハイリターンで深山へ踏み込むことにしました。
片道が藪漕ぎ&沢登り×2セットのハードな工程。
a0235150_21592942.jpg
電波はなく、足場が悪すぎるのとクマが多い地域でもあり常にビクビクしっぱなしでしたが
そんなリスクを負って標高を上げれば良好な食草の群生地が広がっております。

ところがオオゴマはほとんど飛んでいません。。
しかも時折出てくる個体は小さいのばかり。
共生する蟻の状況もかなり悪いのかもしれません。
それでも日当たりの良い日中は目撃数が増え、下界では見られない光景を堪能☆
a0235150_22162852.jpg
各種花に良く来ていました。
産卵も確認。
a0235150_22173373.jpg
里のゴマ同様、深山のオオゴマも変化の激しい不安定な環境に生息しているんだなと再認識。
それでも♂♀確保できました(^^)
a0235150_22210620.jpg
いくつか採れ自分的には満足でしたが同行者様に運転してもらっているので
お土産分も確保して中腹まで下ってきました(^^)
難しい蝶はお仲間様の分も確保する余裕と労いが大事ですねぇ。

合間にミヤマカラスアゲハ♀が採れたのでその場で採卵を試みましたが
かなり飛び古したお疲れの個体だったからか産んでくれませんでした。

その他、20年ぶりぐらいにカラスシジミをネットインするもボロボロすぎたのでリリース。
それでも自己初採集となるウラキンシジミが2頭も採れたのが嬉しかった!
a0235150_22484920.jpg
採卵してみようと思いましたがどうやら♂のようで…。
ゼフの飼育は興味があるのでまた機会があれば採卵にもチャレンジしたいと思います!

[PR]
by aisutorium | 2018-08-05 23:12 | Comments(0)
オオゴマの季節です。
ここ数年は狙って採ることもなく静観しておりましたが
久々にファイトしてきました(^^)

信州北部の山深い地域。
単独だと結構心細い地域ですが突っ込んできました。

まずは1本目の沢。
a0235150_21510470.jpg
食草は所々にあるものの好んで飛びそうな明るい空間が少ない。
もっと上流部までつめれば可能性はありそうですが足場も悪く引き返すことに。
ゼフがパラパラ飛んでいたので少し確保。アイノミドリ♂っぽい。

2本目の沢。
かつて採集したことがあるものの草木が伸びて環境は悪化しております。
他の採集の方がいましたが目撃もなしとのこと。個体数がかなり少ないと判断して
上流までつめることに。
a0235150_21474637.jpg
しばらくこんなところを藪漕ぎです。クマとマムシの恐怖にビクビクしながら直登します。
ようやく明るい空間に到達!乱舞が待っているはずでしたが、、超少ない!
環境は良好ながらとにかく少ないのです。
発生初期かと思いきやスレた個体多し。1♀確認。
う~ん、不作なのだろうか。。これからもうひと山発生のピークがあるような気もしますが。

オオゴマ久しぶりだなぁ~
a0235150_21575465.jpg
その後は林道沿いなんかで食草の生える斜面をチェックするもおりません。

途中ネムノキをチェック。
数頭来ていたミヤマカラスは破損個体。
a0235150_22020446.jpg
サル御一行様が食事中でした(^^)
a0235150_22021302.jpg
ウロウロしつつ周辺に食草が多い林道へ分け入ってみるも
ちょっと雰囲気が違うかなぁという感じ。
とりあえず下草をバシバシしてみるとゼフがたまに飛び出します!
鮮度の良いフツーのミドリが♂♀結構いる。
a0235150_22150161.jpg
1頭雰囲気の違う個体がいて、たぶんアイノミドリ♀と思われます(たぶんね)
♀は初採集!フツーのミドリとは翅形と斑紋が若干違いました。
a0235150_22143928.jpg
さらに、やや高い位置をバシバシするとまたゼフが飛び出しました。
今度は何かな~と確認するとウラクロシジミ♀!
♀は初採集(^^)もう1頭飛翔個体がいたのでポイントなのでしょう!
a0235150_22183322.jpg
狭い範囲になぜか色んなゼフが潜んでいます。
さらにもう1頭黒っぽいのが飛んだ!
ゼフの♀だろうな~と思いつつ確認すると、、
a0235150_22200421.jpg
フジミドリ♀!! 自己初採集種でございますよ(^^)
確かにブナの大木などもあり良い生息地なのでしょう。

さらにバシバシやっていると黒い飛翔体が目の前に。
長竿でネットイン! スミナガシ!
a0235150_22275532.jpg
気を良くしてもう少し林道を進んだところで藪の中から大型哺乳類が逃げ去るガサガサ音が。。
姿が見えないのが逆に怖い(*_*) ビビりなので舗装道路まで引き換えしました。

すると道路に給水に来ているミヤマカラスが!
慎重にネットイン。美しい夏型♂。
a0235150_22293495.jpg
a0235150_22294424.jpg
さらにアザミにてコキマダラセセリ♀もネットイン。
a0235150_22295359.jpg
いやぁ~なんだか良い蝶がまんべんなく採れて良い感じ(^^)
もう1本ぐらい沢を攻めたかったけど体力的にキツかったのと
ガサガサ音が怖いのでこれにて終了にいたしました。

オオゴマに関しては気になる斜面と沢が各1ヶ所づつあって
突っ込んでみたいんですが、アプローチ的に1人ではちょっとな感じの場所なので
またの機会にでも。



[PR]
by aisutorium | 2018-07-28 22:55 | Comments(2)
暑いです。

冷房の効いた室内でのお仕事ではないので
日々いかに死なないように工夫するかが大事なのです。
水分や塩分の摂取と同時に体温の上昇具合も感じ取れるようになることが肝。

そんな自分ですから今回の富士五湖周辺は比較的普通の暑さに感じてしまいました。。

富士山麓は今まで何人も案内したり同行したりしているのですが
どうも皆さん昼頃には飽きてしまうようで、良い蝶がいるのになんだかつまらなそう。
なので今回はクロシジミをメインターゲットに趣味の近い同好者様をお誘いしました!

山梨県のクロシジミにしては白化した個体の出現率が高いポイントへご案内。
車中から1頭目を確認。飛び立つと翅裏が銀色っぽくきらめく白化個体!
これには同行者様も満足(^^) 気温の上昇とともに個体数も増え楽しい時間を!

やはり白いな~、♂も同様の傾向です!
残念ながら翅表に白紋や青紋が現れる個体は今回はいませんでした。
a0235150_21352356.jpg
ある程度確保できたので自分はムモンアカの新規開拓!
まだ未発生かなと思い蛹を探していると、蟻のたかる大木の根元から
オレンジが飛び立った。
a0235150_21450084.jpg
恐らく当日の羽化個体だと思います。
あっけなく新発生木を発見(^^)
さらにもう1頭たたき出しで確保。
これ以外には目撃はなかったのでこれから発生初期を向かえるのでしょう!

他に謎のゼフ♀をネットイン。
同定が苦手なうえに肝心な部分が大破してるし。
a0235150_21505339.jpg
現地ではエゾかと思ったけどオオミドリ?かなぁ。

さらにミドリシジミ♀らしき個体もいたんですが逃げられました。
スジボソヤマキ♀も長竿ではどうにも。。
他にもヒョウモン類やカラスアゲハ、ナミアゲハ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ
コムラサキ、シータテハなどなど、色んな蝶がおりました。

次回は高い山の蝶にするか、青いのにするか、再訪するか、迷っております。。



[PR]
by aisutorium | 2018-07-20 22:10 | Comments(2)
今年は気になっていた普通種を手堅く採っている気がします。

モンキアゲハ春型。♂ながら赤紋が発達していてお気に入りだったんですが…
このあと展翅はずし時に破壊しました(ToT)/~~~
a0235150_21341061.jpg
シジミでは絶対にしないミスが大型アゲハでは頻発しております。
大きいからって油断しやがって。。

鮮度が命の蝶っていますよねぇ。
a0235150_21363040.jpg
意外と縁があるカラスアゲハの♀。
a0235150_21373586.jpg
久々に大型アゲハを採集したので標本箱の整理をしてみました。
手書きのラベルだったものを作り直して交換した際にふと過去に採集した
オナガアゲハ♂に目がとまる。
むむむ!?翅裏にも白紋が出てる~。
a0235150_21410882.jpg
過去に紹介したような気もするけど、結構イイ個体なんじゃないかと思ってみたり。
裏展にすれば良かった(^^)



[PR]
by aisutorium | 2018-05-29 21:56 | Comments(0)
いわゆるお天気ハマり状態でございます。
計画はすれど低温だったり悪天候だったり…。
しかたなくせっせとギフチョウ飼育のお世話をしてます。

他にオオムラサキやテングチョウなんかもほったらかし飼育を少々。
概ね順調に育ってくれてます。

今日は自宅にてホシミスジを採集。最近はコミスジより多い気が。
ヒメジャノメやサトキマダラヒカゲも出始めて賑やかになってます。
今では珍品のダイミョウセセリも現れ果敢にサツキから吸密。
a0235150_20320098.jpg
a0235150_20332547.jpg
昨年発生してくれたジャコウアゲハは今のところ未確認。
そのうち飛んで来るとは思いますがね。

今年は早くもゼフが発生しているようですが手薄だったグリーン系をかじろうかなと。
チョウアカの母蝶採集もしたいんだった。ウスバシロも採りたいんだ。
そうこうしてるとアサマシジミ、クロシジミなんかもねぇ。

いろいろお誘いも頂いているし来週から隙を見てお出かけしますか。
一緒に出掛けてもらえる内が花、初心を忘れず調子に乗らずやっていこう。

[PR]
by aisutorium | 2018-05-19 21:19 | Comments(2)
GW前の平日に今年初の採集へ行ってきました!
山の匂いとか空気っていいですねぇ(^^)完全に忘れてた。
とりあえず近場の神奈川県の山間部へ。
探索と言うよりは知った場所でまったり採集ってな感じです。

ギフ採集のときの景色とは一味違う山並み。
a0235150_21525694.jpg
この場所は広範囲に歩いたことはないので朝一で周辺を歩いてみると
既にジャコウアゲハやカラスアゲハが体を温めるように日当たりの良い
林縁をふらふらと飛んでいます。

カラスアゲハの春型ってこんなに小さかったっけなどどブランクを感じながら
個体数の多い場所へ。この日の課題はモンキアゲハ!
子供の頃から憧れの蝶なのに採集経験はほとんどなし…。
いい加減ちゃんと採りたいってことで気合をいれて網を振るも
ことごとく振り逃がし…。元気に飛び回るカラスアゲハもかすりもしない。
蝶道を読み切っていたナミアゲハも網に入らない…。9割振り逃がし(ToT)/~~~
入っても空中戦ってネットインした衝撃で翅が破損してしまうんですよねぇ。

早々に腕が痛くなってきたので周囲を歩いてみるとカラスアゲハ♀が静止しているのを発見。
飛びたったところを案の定振り逃がし、3回振ったら入りました(笑)

その後も振り逃がしの合間にたまたま入ったモンキアゲハやジャコウアゲハや
カラスアゲハを三角紙へ。課題は達成したできた模様。

その後は林縁で遊ぶ新鮮なコジャノメやサトキマダラヒカゲと遊ぶ。
a0235150_21571913.jpg
ピカピカの普通種、大好きです。
コチャバネセセリなんかも採りながら春のひと時を満喫できました!

肩慣らしをしといてほんと良かった。
これが本命のギフ探索だったら悲惨な結果だったでしょう(^^)

と言うことで昨日頑張ったギフ探索の様子はまた後日!





[PR]
by aisutorium | 2018-04-29 22:07 | Comments(0)
はい、まだ採集へは1度も出ておりません…。
周りはどんどん成果を上げているというのに何たるザマだ!

現状は累代ギフの世話に追われる毎日。
今年は寒い冬から一気に気温が上がったので軒下の蛹が一気に羽化(*_*)
パニック状態から累代できなかった産地もあり残念です。。
しかも各産地をほぼ同時に採卵したので当然ながら沢山の幼虫は
ほぼ同時に終齢を向かえます。
ってことで餌やりや手入れが大変過ぎる今日この頃なのです。

とりあえずイエローバンドやイエローテールなど貴重な長期累代モノは
次世代へつなげました。

イエローバンド×イエローテールが蛹化
a0235150_19023419.jpg
他には越冬が上手く行ったゴマダラチョウが羽化しています。
昨年は白くて大きな♀が羽化したんですが今年はいたって普通。
a0235150_19085408.jpg
オオムラサキは越冬には成功したものの、ぜんぜん成長せずにまだ脱皮もせず
茶色いままの幼虫も。今年はダメかもしれません。

さらにオオウラギンヒョウモンもなんだか今年は失敗濃厚です。。

さらにさらにチョウアカも孵化率が極端に悪くて数匹幼虫を確認できただけ。
累代は厳しそうです。トネリコも大きくなってきたので懲りずに母蝶採集しますかね!

そして今朝羽化したオオルリシジミ!
a0235150_19142868.jpg
長期累代モノです。食草の手配もできそうだったので累代にチャレンジしようと
思ってたんですが、ギフで手一杯で中途半端になりそうだったので
来年に持ち越そうかなと思っています。

さて採集にはいつ出るんだよって話ですが、今週中に鈍った体を慣らしに
大型のアゲハ狙いで感覚を取り戻しつつ、その後いよいよギフチョウを狙いに
出掛けたいと思っていますよ!





[PR]
by aisutorium | 2018-04-24 19:19 | Comments(2)
なんだかしばらく天気がぐずつく予報になってますねぇ。
ギフ探索の予定はしていたんですが、ちょっとお預けになりそうです(+_+)

飼育ギフは全て羽化しお気に入りの産地、型のものは累代でつないでいます。
昨年よりも餌対策は進んで今のところ自宅の在庫でまかなっております。

クモツキさんは♀を生かしておいたんですが、ツマキ♂を入手する
直前に昇天なさってしまいました。。上手く行かないもんだ!

さて本日出先で小さな蝶が飛翔しているのを発見!
最初、ルリシジミ♀かな~?と思ったんですが、花に静止したのを確認すると
モンシロチョウじゃん!
シジミチョウサイズで極小の個体。
なんとか追いかけて素手キャッチ(^^)

1円玉との比較でサイズ感伝わるかなぁ。
a0235150_19495185.jpg
ベニシジミ♂ぐらいのサイズですヨ!
a0235150_19500345.jpg
標準のサイズからはみ出た個体って好きなんですよねぇ。
特大、極小、見つけたら素手でも確保です(^^)

[PR]
by aisutorium | 2018-04-04 19:55 | Comments(0)
新たに指定種が増えますね。
これからまだまだ増える見通しですが、自分の好きな種である
(まだ持ってない)タカネキマダラセセリも追加されます。
南アルプス亜種だそうです。

指定されて保全されれば良いんですが、海外と違ってデータ取りから
徹底的にやるようなものではなく指定だけして特になにもしないんですから
意識の低さを感じざるを得ませんな。

法律と言うバリアができた!とブログ等で安堵発言しているような人は
完璧に思考停止してて残念ですね。
ありがとうと言えばリンゴは甘くなり、罵倒すればリンゴは早く腐る。
そんなことに一喜一憂している人みたいだぜ。

あと譲渡禁止はほんとクソですよね。
それこそ貴重な財産(国にとっても)を未来へ引き継がせないような縛りですから。
博物館なんかに提供すればいいじゃないかという意見が出そうですが
量の問題もあるけどはっきり言って保存体制が適切なところは多くないです。
個人のほうが圧倒的に神経質に保存していますよ。
どこどこで展示していた、保管されていたという標本を頂いたことが何度かあるけど
虫食い、翅や腹の脱落、著しい色褪せなどひどいものが凄く多いんですよね。

未来の財産を奪うような政策は国を衰退させます!


さてミドリヒョウモン♀です。
a0235150_08541401.jpg
暗化傾向のある個体なんですけど明るい自然光で撮るとただのミドリヒョウモンですね(*_*)
ここ数年思うのがヒョウモン類をほんと見ないということ。
コヒョウモンモドキとかナミヒョウモンではなく普通のやつも。
自分の出向いた先だけの感じですけどオオウラギンスジですら少ない、というか1頭も
見ないときもあるぐらい。ヒョウモンを取り巻く環境にやばい事態が起きてるんでしょうか。




[PR]
by aisutorium | 2018-02-03 09:01 | Comments(2)
昨年、知人様より頂いた北海道産オオイチモンジを展翅板から外し標本箱へ。
オオイチモンジと言えば♀が人気の的となっていますが完品の♂もなかなか
それっぽいオーラを放ってます!
a0235150_21495724.jpg
完品だと角度によってブルーっぽい輝きがありこれがまた良い感じ。
黒化型、いつか採ってみたいなぁ。
と言うかオオイチモンジ自体、標本以外見たことないのでね。
まずは野外で出会ってそのなんたるかを体感してみたいのです。
偏屈な自分としては本州産を、、なんて。
a0235150_21540389.jpg
標本箱には沢山のオオイチモンジ。蝶友様達はなんだかんだ毎年北海道へ行ってるので
そのお土産パワーの恩恵の賜物なのです(^^)
今年も期待してますよ~。ってそろそろ自分でネットインせねば!


[PR]
by aisutorium | 2018-01-10 21:58 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆