ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

暑いですねぇ。。
気象庁は意地でも梅雨明け宣言はしないようですが
週間天気を見ても梅雨明け上等な感じでございますよ…。

現状とっても忙しく採集には全く出れておりません。
この時期、オオムラサキとキマルリを狙いたいなと思っていて
キマルリに関しては新潟~福島にかけて20カ所ほど良さげな場所を
ピックアップしていたものの、来年にお預けかなぁ。。

まぁミヤマカラスやミドリシジミ、赤系ゼフ、ギフなど
今年は結構楽しめてるので良しとしましょう!

飼育モノはオオムラサキが良い感じに羽化しています。
チャレンジしたかった累代に向けてハンぺを!
羽化後10日ほど経過した♂を満を持して使用したんですが
ダメダメでございますヨ。♂のやる気なし。
くっ付いたと思ってもすぐ解散…。
ギフとは訳が違うなぁ。
a0235150_20380835.jpg
ミヤマカラスは順調に成長してます!
a0235150_20374200.jpg
まだ鳥の糞状態ですがねぇ。
この暑さがどう影響するのか少し心配なところ。

あとは展翅はずしを少々。
ゼフは羽化直に限る(^^)
a0235150_20483519.jpg
こちら東京西部のミヤマカラスアゲハ。
ゼフの展翅は完璧なのに大きな蝶は苦手なのです。
完品からの尾状突起が傷物に…。
a0235150_20521089.jpg


[PR]
by aisutorium | 2018-06-28 20:56 | 飼育 | Comments(0)
いよいよ梅雨らしい天候になってきましたねぇ。
鬱陶しい天気ですが、涼しいのは助かります。
ギフチョウの蛹的にも負担が少なくて良いかなーと。
今年はヒメギフも少数飼育していたんですが、前蛹で死んでしまう
個体が続出。。なんでー?

さて、ほったらかしで飼育していたオオムラサキですがほとんどが蛹になり
数頭が羽化してきました。
越冬で脱落多数と書きましたがよくよく見てみると思っていたよりも
生き残っておりました(^^)

さすがの迫力!
a0235150_20364671.jpg
ベーシックなオオムラサキでございます。
a0235150_20374420.jpg
こちらは白っぽくて赤紋がない!?
a0235150_20390638.jpg
スギタニ型でした!初めての遭遇(^^)
表はこんな感じ。赤と黄色が白に置き換わっていてサッパリ系の顔に見えます。
a0235150_20391745.jpg
飼育ゲージの中で見落としていた蛹が羽化していました。
翅が傷んでしまったので累代用にと餌やりをしています。
♀がタイミングよく揃えばハンぺしてみようと思います!
a0235150_20424883.jpg

[PR]
by aisutorium | 2018-06-15 20:49 | 飼育 | Comments(0)
先日の探索時に目線の高さの食草を見つけ卵も確認できたので
2卵ほどお持ち帰りしてみました。

さらに♀をサンショウに袋掛けしたところ数卵だけですが産んでくれました。
現在5幼虫が育っています!

キハダやハマセンダン、カラスザンショウなどの適した食草がなく
代用食として用いられるコクサギも手元にありません。。
ダメもとでサンショウを与えてるんですが、今のところ順調に
食いついてくれています!
a0235150_20092813.jpg
a0235150_20091709.jpg
カラスアゲハならば何の問題もなくサンショウで育ってくれますが
ミヤマは基本的にサンショウは食わないとされています。

食っても上手く育たないとか?言われておりますが、飼育は何事もチャレンジなので
どこまで育ってくれるのか観察したいと思います(^^)



[PR]
by aisutorium | 2018-06-12 20:17 | ミヤマカラスアゲハ | Comments(2)
鉢植えのエノキでほったらかし飼育をしていたオオムラサキが
蛹になり始めたのでいくつか取り込んでみました。

前回は同時に飼育していたゴマダラチョウの越冬成績が悪かったんですが
今年はゴマダラチョウは順調だったのにオオムラサキは目減りしてしまいました…。
何が原因なのか、、よく分かりません(*_*)

京都府産オオムラサキ
a0235150_20394989.jpg
サイズ的にはまぁまぁですねぇ。
やはり地植えのエノキに少数ずつ袋掛けするのが一番良いです。
鉢植えだとエノキの成育や新芽の展開はやはり地植えには及ばない!
そのへんの差が蛹のサイズに直結してしまいます。
a0235150_20394221.jpg
当然ですが飼育羽化したオオムラサキはとっても美しい!
標本にするなら飼育だなと思う1種ですねぇ。

[PR]
by aisutorium | 2018-06-10 20:51 | 飼育 | Comments(0)
先日の採集品を今日も少し展翅しました!
翅を開く瞬間はドキドキですねぇ。
2度楽しめるのは嬉しいものです(^^)

前回の個体に続いて青帯が眩しい個体。
a0235150_21275445.jpg
目が慣れてくると飛翔時に青帯の発達具合が分かるようになってきて
だからこそ振り逃がしたときの落胆は激しい…。

今回、複数確認できた♀で一番美麗だった個体!
a0235150_21315358.jpg
春型にしては結構デカく後翅のブルーから紫のグラデーションがお気に入り!

各個体、ちゃんと展翅が完成したらまた紹介したいなと思います。
個人的にはクロシジミやヒカゲモノ、セセリなんかを地道に集めるのが
好きだったはずなのに、今やゼフやミヤマカラスなんかのキラキラ系にハマっているという。
分からないもんですねぇ。。



[PR]
by aisutorium | 2018-06-05 21:45 | ミヤマカラスアゲハ | Comments(0)
思いがけず複数頭の採集に成功したので、個体変異なども気になるところ!
最初のうちは取り込みの際に翅表をまじまじとチェックしていたんですが
まじまじタイムにミヤマカラスが暴れて逃げられるという失態があったので
途中からはまじまじせずにしまっていました(+_+)

さて、理想は北海道のような個体ですが信州の個体はいかに!?
まだ全部はチェックしてないんですが、ちょっと良い感じの個体が1頭あった!
a0235150_18491326.jpg
翅裏はこんな感じで白帯がけっこう発達しておりました。
それに比例して表もブルーの帯が発達しているはず!

翅を開いてみたら左右で翅のサイズが違ううえに前翅の色も左右で違う。
まさか雌雄型!?なんて一瞬血が湧きあがった。

右はグリーンで性標がはっきりしています。
a0235150_18530966.jpg
左はイエローで性標が不鮮明だったので一瞬、雌雄型かと(^^)
a0235150_19051428.jpg
念のため交尾器を確認すると♂で間違いなさそう。。
a0235150_19063420.jpg
それにしても青帯の発達が強烈ですばらしい個体でした!
ますますハマってしまいそうです(^^)
来年もチャレンジしよう!
a0235150_19062453.jpg
a0235150_19084250.jpg

[PR]
by aisutorium | 2018-06-04 19:12 | ミヤマカラスアゲハ | Comments(2)
先月、10年ぶりぐらいにミヤマカラスアゲハの春型を採集し
なんだか熱が再燃してきた感じです(^^)

そんなグッドタイミングで採集のお誘いを頂いたので同行させてもらいました!
自分も土地勘のある北信のポイントへ。
道中から飛翔個体や吸密個体がチラホラ目につき、そのたびに車を停めて
ダッシュ!慌ただしいスタートながら早々に1頭目を確保できました(^^)

ポイントに着くと飽きない程度に飛んできます。
ダッシュからの空中戦でネットインしたのはいきなり♀!!
だったんですが後方からネットインしたから!?か尾状突起が網の中で両方大破…。
リリースです。。

やはり美しい蝶ですねぇ
a0235150_12151607.jpg
a0235150_12152561.jpg
少し先に食草(キハダかな?)があり待機していると♀が飛来!
下へ降りて来るのを根気強く待ってゲットー!
オナガアゲハ♀も採集でき良い感じです。
ただ個体数がやや少ないということで場所を変えてみることに。
そこで自分の知る場所で、給水場所になりそうな所や小道があって
もしかしたらミヤマカラスの良いポイントになっているかも?という場所を提案。

ここがとっても良いポイントでした!
吸蜜源が各所にあり小道を行ったり来たりしながらネットインしていきます。
個体数も多くとにかく楽しい時間を過ごしました☆

ウツギに次々と飛来したベストポイント
a0235150_12242774.jpg
食草も各所にあり産卵個体も確認!♀も複数頭確認できました。
a0235150_12243682.jpg
ときどきカラスアゲハやオナガアゲハも飛来しますが、9割がミヤマカラスでした。

そんなとき同行者様が「こんなの採れたぞ!」と。。!?
a0235150_12241672.jpg
なんと!!
キレイなギフチョウ♀ではないか!
ウスバシロやサカハチチョウが飛び交う中、まだ新鮮なギフチョウが生き残っていたとは\(~o~)/
これを見てからしばらくギフチョウを探す目線になってしまいました。
とその時、怪しい飛翔体が。。
a0235150_12330006.jpg
こちらはそうとうお疲れ個体でございました(+_+)
それにしても、まさかギフチョウと遊ぶことができるなんて想像もしてなかったので
なんだか得した気分でした~

時間の経過とともに日当たりが変化するのでそれに合わせて小道を選んでの採集。
相変わらずミヤマカラスの個体数は多く♀も複数頭確保できました。
こんなに沢山のミヤマカラスがいる場所は初めてで興奮しっぱなし!

そして沢山確保した(^^)
帰宅していくつか翅を開いてチェックしてみたところ
ちょっと変わった個体がおりました!
ミヤマカラス初心者の自分にとってはちょっとビックリ。
個体差も結構あるので、また次回紹介したいと思います!



[PR]
by aisutorium | 2018-06-03 13:09 | ミヤマカラスアゲハ | Comments(0)
今年は各種発生が早く、特にゼフは早い印象です。
既に東京の平地ではアカ系ゼフは終盤ですかねぇ。
ウラゴマなんかも良い時期は過ぎていそう。

さてミドリ系ゼフですがやはり発生は早い!
先日、仕事終わりにミドリシジミの蛹採集でもと思って探索してみたんですが
既に羽化した後の抜け殻が目につく状況。。

それでもいくつか見つかりました!
a0235150_21313892.jpg
お持ち帰りした翌日に1頭羽化。
昨日も1頭羽化。翅は開いてないけど雌かな?といった感じ。

さて飛翔時間になり樹上を見上げると沢山の成虫が飛んでおりました。
♀もいて既に最盛期ってな状況でした~。
ほとんど全てピカピカの個体☆
a0235150_21350887.jpg
ミドリシジミをちゃんと採集したのは中学生ぶり!
遠方の多産地は知っていて行きたいなと思いつつ月日が流れ…。
近場でようやく採れました(^^)



[PR]
by aisutorium | 2018-06-01 21:44 | ゼフィルス | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆