ブログトップ

BUTTERFLY BRINGS BETTER LIFE

rpsbetter.exblog.jp

蝶のある生活を徒然なるままに

あちこちで新成虫が飛び出し越冬のウラギンシジミやテングチョウの飛翔も目撃。
ギフチョウ発生までカウントダウン、と言いたいところですが静岡の枯山ではすでに
発生が始まっているようですね。
神奈川県相模原市でもこの週末には走りの個体が出ると思われます。
最後にネットを振ったのは初秋ぐらいだったので最初のギフチョウ採集は
半年以上ぶりにネットを振ることになりそうです。
そんな時は越冬の蝶やミヤマセセリ、コツバメなんかで勘を取り戻す作業から。
関東甲信越のギフチョウ発生の早い地域は山梨県南部や長野県の下伊那地方でしょうか。
下伊那地方は2017年には少し生息環境に変化があり、餌場や飛翔コース、発生地など
環境がやや悪化しています。さらに団体が毎年シーズン中に張りついて
徹底的にやるもんですから昨年からは目撃も難しい状況になっています。

自分的に今年の初採集は新潟かな。降雪が多かった今年ですがこのところの高温で
雪解けは進んで弥彦周辺では4月上旬が良い時期だと思います。
今年は降雪量が多かった地域もありますが春先の高温と今後のお天気次第では
標高の高い生息地でも例年通りの時期に発生なんてこともありそうな気がします。


[PR]
# by aisutorium | 2018-03-15 18:39 | ギフチョウ | Comments(0)
今週はぜんぜん忙しくないので、ダラダラして過ごしております。

ところで週間天気予報を見てみると今週末から晴天が続いて気温もうなぎ上り!
この調子じゃあ15日ぐらいには静岡辺りでギフチョウが舞いそうな予感(^^)
いよいよシーズン幕開けまで秒読みですねぇ~

しかしここ数年、季節の変化が急激すぎて自然界の生き物にとっては
厳しい状況かと思います。ギフチョウに関しても山の乾燥や夏の高温は
ダメージだろうし春先の急激な温度変化も羽化のタイミングに影響がありそう。
今年の春はどんなだろう。高温で大雪の割には例年通りの発生なのかなぁ!?

さてちょっと早いですが今年も神の手発動です(笑) くっつけてます(^^)
今年も色々と試行錯誤してガッツリ飼育しますヨ!!
a0235150_20520866.jpg

[PR]
# by aisutorium | 2018-03-08 20:53 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
毎年この時期は飼育ギフの羽化に追われる日々ですが
知人様よりクモツキの蛹をいただいたので絶賛観察中です!
クモツキは標本でしか見たことがないので生態を観察できるのは
チョー嬉しい(^^)感謝!
a0235150_21072730.jpg
とってもきゃしゃな蛹ですねぇ。
冷蔵庫から取り出して数日、翅の形成が見て取れました。
羽化まであと数日といったところでしょうか!
累代飼育も頭を過りましたがノウハウがなさすぎるのと
来シーズンも知人様は飼育をするとのことなので
飼育は次回チャレンジしてみようと思います!

成虫もいただきました(^^)
翅裏がとっても美しい!
a0235150_21144879.jpg
a0235150_21143777.jpg

[PR]
# by aisutorium | 2018-03-05 21:41 | 飼育 | Comments(0)
ただの養殖顔の個体ですが
なかなかきれいにCカットが出ておりました!

長野県秋山郷産の累代個体です。
a0235150_23592454.jpg
ずいぶん奥地の産地なんですが以前にもきれいなCカット個体が
羽化してきたんですよね(先日知人様にあげてしまいましたが)

このような顔は飼育の弊害と言えばそれまでですが、たくさん飼育しても
きれいにCカットが出る産地は限られてる気がします。

この産地周辺のギフは何産地も飼育しましたが、ここと○○温泉周辺のみ
このようなきれいなCカットが出現しております。

[PR]
# by aisutorium | 2018-03-02 00:13 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)
規制の多い時代に長期累代はとても意味のある飼育だと思います。
ギフに限らず長年累代飼育を続けられている方は尊敬しますねぇ。
そんな恩恵を受けたならば自分も全力で累代、それだけでございます。
それにしても山梨ギフの特に♀は大型になりますね!
今期も累代予定です。
a0235150_10400640.jpg


[PR]
# by aisutorium | 2018-02-24 10:45 | ギフチョウ飼育 | Comments(0)

by BUTTERFLY BRINGS☆